FC2ブログ
花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

お弁当箱2
お弁当持参が、毎日続いている。
少し前、2段重ねの気に入ったお弁当箱を見つけたのも理由の一つ。

その後、尾道の商店街で手頃な値段の「わっぱ弁当箱」を見つけ、「わっぱ」が大好きに。

実際に詰めてみるとキュウキュウになってしまい、もうちょっとゆったりと詰めたい、と思っていたら

DSC_0076_convert_20120315212203.jpg

別の機会にちょうどいい大きさのわっぱを見つけた。
今までは目に入らなかっただけなんだろうけど、物に目がいくタイミングってあるものですね。

DSC_0188_convert_20120315212224.jpg

3つのお弁当箱とも内容によって使い分けができて、どれも気に入っている。
それにもう1つ、四角いタイプまで買ってしまった。
これはお弁当ではなく、とっておきの為に密かに出番を待っている。

遊佳のカルボナーラおうどん
DSC_0137_convert_20120225214457.jpg

土曜日夕方の情報番組「熱烈歓迎、家族の食堂」が創作うどん特集で「遊佳」に取材が来たという情報を3週間前にはじめさんが教えてくれた。

今日はその放送日。
家で用事を済ませて遅めの昼食となり、無性に「カルボナーラおうどん」が食べたくなった。
もしかしたらいつもの3人も行ってるかも?とはじめさんに電話したら、
「もうちょっと早く電話くれればよかったのに。さっき、家で食べたばっかり」とのことで、お店には行ってなかった。
ひとりで車を走らせた。

ご主人と奥さんがにこやかに迎えて下さり、早速、カルボナーラを注文。
待ってる間、先日の真悟さんのお祝い会のお礼で写真のCDをお渡ししました。
看板娘のゆりかちゃんは、今日はお店にいなくて、放送翌日の明日、お手伝いに来るらしい。
放送されるとお店が混むと思うので、今日行っておかないと、と
次の予定までの1時間半を慌ただしく彦崎まで来た。
韓国石鍋でグツグツ湯気を立てているおうどんは、腹ペコのお腹にきれいにおさまりました。
おいしっ!
今度は何にしようかなあ。
イケメンご主人、チャーミングな奥さんの切り盛りする遊佳、リピートしてます。


アプローズでブッフェランチ
人間ドック受診で頂いたブッフェ無料券の期限が迫っていたところへ、
「明日フリーよ」Kuikoさんからのメール。
タイミングがいい!
「ホテルグランヴィアの19階のブッフェランチ行きましょう」「OK!」
ということで、予約を入れ、席もとれた。
なんという流れのよいこと。

わたしは‘食べ放題’系にはめったに行かないのです。
今まであまりいい内容のメニューにあったことが無いのが理由。
それに食べられる量も決まっているし。

アプローズはというと、美味しいしバラエティーに富んだ内容でいいです。
1890円のブッフェランチもたまにはいいですよ、とおススメします。

それにKunikoさんと世間話やお料理の話をしながら頂くと余計に美味しさが増しますね。
よかった一緒に来られて。

DSC_0086_convert_20120220230632.jpg

サツマイモ、エリンギ、ミニトマトの天ぷらも揚げたてが頂けます。

DSC_0085_convert_20120220230610.jpg

お天気も良く、遠く旭川河口付近がキラキラ輝いているのが見え、解放感たっぷり。

DSC_0088_convert_20120220230711.jpg

土日祝日は90分入れ替えの2部制となっているので、そろそろデザートへ。
別腹、とは本当によく言ったものですが、プチケーキ全種類は無理なのでこれらをチョイスしました。

DSC_0087_convert_20120220230651.jpg

無料券1枚を使い、1人分を割り勘にしようと思っていたら
「誘ってもらい、内容にも大満足。それに人間ドックのご褒美なんだから、私の分は払うわ」とKunikoさん。
何から何まで気持ちの良い休日でした。
ありがとうございました。
また、行きましょうね。


新しいお弁当箱
DSC_0002_convert_20120127221312.jpg

一応、毎日手作りお弁当で昼食をとっています。
2年ほど前は、会社近くの市場の食堂や喫茶店のランチ、お弁当屋さんの利用など外食をとることも多く、おまけに残業続きで帰宅後の遅い夕食で食生活は乱れ、体重増に陥っていった…

ランチの美味しいお店もたくさんあるようですが、立地もあり短いお昼休みに出かけることは難しい。
毎日となると、自分の味のお弁当がホッとするし、出費も抑えられる。
ボリュームも調整できる。
中身はわかっているし、残り物ばかり詰めてくる日もあるが、お弁当はいい。

つい最近、新しいお弁当箱を買った。
今までのは平たいタイプだったが、ふたを止める際の力のかかり具合で部位の一部のプラスチックが割れ使いものにならなくなってしまうので、1年で3回も買い直した。
形も入る量もいい具合だったので割れる度に、製造元へ「割れないよう改善してください」と電話しようかとも考えた。
が、いずれ気にいったお弁当箱にかえれば済むこと、と思いとどまっていたのでした。

しかし、なかなか「これ!」といったお弁当箱に出会えない。

2段式なら、ご飯とおかず、どちらに入れるかをまず考え、私の場合、小さい方にご飯を入れる。
すると肝心のおかず入れにした大きい方に密封ふたが付いていないことが多いのだ。
ご飯が大、おかずが小、という使い方をみんなしているのでしょうか。
ところが、これは両方に密閉ふたがついてるし、
食べ終えれば入れ子になって、コンパクトにして持って帰れる、理想の箱。

使い初めの日、
 鎌倉ハムのウインナー、
 甘めの卵焼き、
 ピーマンと人参のソテー、
 アミとねぎの炊いたん、
 平てんのチーズはさみ焼きの5品。

この小さな空間にバランスと彩を考え詰めていくのが毎朝続くけど、それがまた楽し。

食と健康に感謝。



創作うどん「遊佳」
秋晴れの休日、久々に友達とお出かけの約束が入った。
岡山市南区灘崎町にあるサウスビレッジでの絵画展もろもろの下見を兼ねて、
幸子先生、早乙女真悟画伯、梶川君とのお出かけ。

美味しいもん情報の多い梶川君のおススメで、まずは昼食をということになり、
JR宇野線 彦崎駅近くにある創作うどんのお店「遊佳」へ。

DSC_0007_convert_20111113171017.jpg

昔ながらのうどん店ではなく、トッピングや味のバリエーションが国際色豊かなのにびっくり。

興味を惹かれる創作メニュー、しかし、やっぱり最初はスタンダードな味で。
幸子先生と私は、いろいろ具材が乗ったおうどんにした。

DSC_0005_convert_20111113170958.jpg

男子たちは、カルボナーラうどん。
梶川君が是非!と力強くすすめたにも関わらず、チョイスしなかった私に
「Yちゃんも味見してごらん」と器に取り分けてくれた。

(わたしは、カロリーを気にして選ばなかったのだよ)

お~、こってりクリーミー。
アツアツの石焼きの器もいいし、洋風味がイケる!

DSC_0003_convert_20111113170919.jpg

お腹一杯になり、満足!

DSC_0004_convert_20111113170938.jpg

食べ終わる頃には、テーブルは満席になっていました。
今度は韓国風の創作うどんもいいかな…。

炭水化物を控えめにしている身にとっては、悩ましいお店です。