FC2ブログ
花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

恋しき「ミネハハさんライブ」
広島の続き。
佐伯区民センターでの用事のあと、るみちゃんと府中市の「恋しき」へ。
この日は、ちょこはぴ倶楽部がプロデュースした「一日まるごと町あそび 恋しき 浪漫日和」というイベントで、
 ・アートフェア
 ・ミネハハコンサート
 ・着物遊び
 ・庭園茶席
 ・町散策
 ・キャンドルナイト   と盛りだくさん。

090419恋しき1

恋しきは、120年の老舗名旅館の歴史に一区切りついたあと、解体の話まで出ていたものを新しくイベントができる空間として生まれ変わらせたのだそうです。
こういう建物は、大好きです。

090419恋しき2

ミネハハさん、というお名前、ミネは水、ハハは微笑みという意味だそうで、
北米ネイティブアメリカン、ダコタ族の酋長の娘の名前に由来していて、
命を生み、育む水の神聖さ、繊細さ、力強さを現し、愛と平和を運ぶ象徴として語り継がれてきた名前を大酋長より正式に授与されたのだそうです。
素敵ですね。

もともとスタジオミュージシャンとして、バックコーラスや3000曲以上のCMソングを歌っていたのだそう。
・クロネコヤマトの宅急便・グリコ・人形の久月・フジカラー・カルビー・ブルーレット・ポンジュースなどなど、誰でも耳にしたことのあるTV/CM曲。
ライブでも披露して下さいました。
そして、何よりも最初から涙があふれてきて、るみちゃんも私もボロボロ。
ミネハハさんの生の歌声は、本当にいろんな声が出ていて魂が震える、まさにその感動が涙となってあふれてくるといった感じなのです。

年間70本近くの全国ライブと合わせ、インドでの教育ボランティアもされていて、ミネハハの称号どおり、愛と平和を運んでいるとても素晴らしい女性。
いや~、もっともっといろんな歌を聞きたいと思いました。

090419恋しき4

ライブが終わって、ほの暗くなったところで、お庭にキャンドルがともされました。
元老舗名旅館というだけあって、お庭も立派。
キャンドルの明かりの中、離れの間でお抹茶を頂きました。

090419恋しき4

るみちゃんに紹介して頂いた、このイベントに参加できて、本当によかった~。
るみちゃんの福山のお友達、作家さんも来られてて、ごあいさつ方々お話もできて、福山~府中の方々との交流がとても温かで、最高でした。

いやー、朝から晩まで、濃く充実した1日でした。










にわか仕込みの成果
DSC_0153_convert_20090316220831.jpg

パーティのおまけ。
出し物を依頼されてたメンバーは、2日前になってもなーんにも決まってなく、急きょ夜10時半によっちゃん宅へ召集連絡が。
なにする?どーする?何歌う?振りつけどーする?と時間は過ぎていくばかり。
頼みのU-TUBEを参考にあれこれ悩んで、結局、午前2時からようやく「お嫁サンバ」の振り付け練習に入ったという、にわか仕込みの余興の成果が、これです。
しかし、ジェネレーションギャップで、すでにお嫁サンバを知らない年代がいた!ひゃー。

ドキドキしながらみんなの前で踊りはじめ、でもどこかうれしそうな私たち。
やればできる!ですね。
ダサダサの踊りも最後はナーガが、決めて(?)くれ、新郎新婦からも会場からも大きな拍手を頂いて無事に役目をはたしました。
永遠に語り継がれるひとこまになるでしょうねえ。

サプライズウエディングパーティー
DSC_0081_convert_20090316213522.jpg

極秘で進められていたパーティー、いよいよその時がやって来ました。

3月14日、本町のナイーブに仲間がこっそり集合。
なーんにも知らないゆみちゃんは、人と会う予定で会場にやってきて・・・
そこには東京からご主人が。そして大勢の仲間が。
ゆみちゃんボロボロ状態で、訳もわからないうちにシャンパンタワー。

DSC_0084_convert_20090316214006.jpg

次のサプライズは、美咲ちゃんのウエディングドレスを借りて・・・これ、サムシング・フォーのうちの1つ「何か借りた物」ですね!
最強の助っ人、ブライダルのプロとメイクのプロのお友達と一緒にお支度に。

DSC_0106_convert_20090316214557.jpg

そして、すっごく綺麗な花嫁さんになって、素敵な新郎 孝さんと一緒にご入場です。
いやー、もう、会場は大きな拍手とおめでとうのハッピーオーラが充満してます。
ゆみちゃん、ステキ、ステキ~。

DSC_0164_convert_20090316212754.jpg

2段重ねのウエディングケーキも、みほちゃん、かおりちゃん、のりちゃん3人の手作りというからこれまた驚き!
仲間の熱い思いとアイデア、技術を結集させるとこんなに感動の結婚パーティーができるなんて、本当にすごいです。
このケーキ以外にも大きなケーキを作ってきてくれていて、会場のみんなが十分満足する大きさの1切れをとても美味しく頂きました。

陽子ちゃん、美咲ちゃんがお忙しい中、本当に細部まで配慮した企画を滞りなく進めてくださって、本当にありがとうございました。新郎新婦の感激以上に私も、そして周りのみんなも幸せ大興奮の余韻を残してのお開きとなりました。

孝さん、ゆみちゃん、魂の結びつきを感じるご夫婦に心からおめでとう!と伝えたい。
人が喜ぶことって、一人より二人、もっと大勢になればなるほど、感動の伝わり方がすごいことを実感したパーティーでした。


初めて会う人
09-03-08_21-35.jpg

Kさんは、プリザを生花から作る工程を学びたいとのことで、
私に問い合わせをして来られた方。
残念ながら私は市販品を使っているので、お教えすることができないのです・・・。

Kさんとは10日ほど前に電話でお話ししました。
優しく素直な印象を受け、お花を楽しみたいという思いが伝わってきました。
私に連絡をくれた御縁とKさんの思いをなんとか実現させてあげたいと
プリザを生花から手作りしているH先生にお尋ねしたところ、快い返事をいただくことができました。
おもいたったが吉日!とはこのことですね。

私の生徒さんで、同じように興味をもっていた方がいたので、
3人で手作りプリザのお話を伺いにアトリエをお尋ねしました。

手作りのプリザは、市販のものにはない微妙な色合いが素敵です。
製作過程のものを見せていただきながら、一通り説明をうけ、体験レッスンで作った作品がこれです。
H先生が作ったプリザを選んで、アレンジしました。
いかがでしょう。

Kさんも工程がわかり、初めてのアレンジ作品も作れて、とても喜んで帰られました。
1本の問い合わせ電話から、10日後に初めて会い、いきなり他の教室へおじゃまさせていただくことは、イレギュラーなことかもしれませんが、その人が望むお引き合わせのタイミングが合ってよかった1日でした。