FC2ブログ
花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

厳島神社へ
5月9日
この日は吉方位旅行に特にいい日ということで、西方位のパワースポット、厳島神社に日帰り旅行をすることにしました。

岡山駅6時58分発の普通電車で宮島口10時27分着という約3時間半の行程。
電車内で本を読み、車窓を楽しみ・・・というのんびり一人旅。

7両編成の電車の前4両が直通の下関行きで、山陽本線・糸崎駅で後ろの3両が回送として切り離される。
各駅停車で時間はかかるが、乗換なしで行けるのがうれしい。
普通乗車券は片道\3,260

連絡船は2社が運航しており、JR連絡船の航路は「大鳥居に接近」というのが売りでこちらに乗船。

DSC_0275_convert_20100510204649.jpg

宮島には1度訪れたことがあり、その時も今回も偶然、干潮時で大鳥居まで歩いて行くことができました。
大鳥居の外側の干潟では、潮干狩りを楽しむ人がたくさん。

DSC_0295_convert_20100510204734.jpg

拝殿前にたくさんの人がいると思ったら、挙式を行っていました。
特に外国人は、神前式が珍しいのかじっと見ていました。

警備員が「音を立てずにお賽銭を入れて下さい」と通る人に小声でささやいていましたが、見るかそのまま静かに通りすぎるかで、お賽銭を入れる人が少なかったように思います(笑)

DSC_0293_convert_20100510204712.jpg

写真はないのですが、東回廊には卒塔婆石(卒塔婆漂着の地)というのがあって、平家物語に書かれているといいます。
平康頼が藤原成経、僧・俊寛と共に鬼界ヶ島(鹿児島湾沖の硫黄島説)に謀反の罪で流されたのだが、平康頼が都に残してきた老母の身を案じて千本の卒塔婆に歌を刻んで流したものの1本が、この石に流れ着いたといういわれのある石なのだそうです。
そして、恩赦によって平康頼と藤原成経の2人が赦免されたのだが、僧・俊寛だけがただ一人島に残された、というのが歌舞伎の演目「俊寛」に結びついていくことがわかりました。
その地を訪れて、いろんなことがつながっていることを知る喜び、なんともうれしいですね。

DSC_0308_convert_20100510204832.jpg

西松原の松の木陰で持参のラスクをつまみ、休憩していたら、いつの間にか鹿が目の前に。
どうも食べ物欲しさに近寄ってきたらしく、バッグや私のまわりに顔を近づけて来るわ来るわ。

本当は触っても食べ物を与えてもいけないと看板に書いてあるのですが、つい小さなラスクをあげたばっかりに、それも舌舐めずりまでしてましたから、相当美味しかったのでしょう。
おとなしいふりをして背後から、バッグに忍び寄ったり、あらゆる手段で狙ってくるのです。
挙句の果て、駅でもらったガイドマップにまでかぶりついて。

次へ移動することで、あきらめて行ってしまいましたが、他の場所でも串焼きやトウモロコシを食べている人にすり寄っている鹿が結構いました。
「神鹿」なのにね。

DSC_0311_convert_20100510204853.jpg

あせび歩道の石段を上がっていると古い木のほこらがありました。

DSC_0313_convert_20100510204941.jpg

多宝塔からは、眼下に厳島神社の美しい社殿を見ることができます。

DSC_0314_convert_20100510205008.jpg

あせび歩道を降り滝橋に出るとテラス席で食事を終えたお客がちょうど席を立った所を見かけ、新緑のもみじと川の流れが見れるいい席だったので、テラス席をお願いして昼食をとることにしました。

DSC_0321_convert_20100510205111.jpg

お食事処 千代乃庵のあなご丼\1780
階上は四季の宿わたなべで、1日3組だけの宿泊をとるという丁寧なもてなしが、あなご丼の味にも現れていました。
建物の雰囲気、緑と川の流れの音、小路の散策で偶然、見つけた雰囲気のいいお店にぱぱっと入れるのも一人旅の良さかも。

DSC_0318_convert_20100510205049.jpg

昼食後、大聖院へ。
ここでもまた偶然のつながりが。
山陽路「花の寺24カ寺」のうちの一つで、お花見で訪れた千光寺つながり。
また、真言宗御室派の大本山で、京都で訪れた仁和寺は総本山にあたるということをお寺を訪れて偶然知りました。
チベット仏教のダライ・ラマ14世法王も2006年にここを訪れていました。

私の訪れた場所が、次々にご縁がある場所であることがわかっただけでも、深いものを感じます。

DSC_0327_convert_20100510205132.jpg

もみじ歩道の散策。

DSC_0335_convert_20100510205155.jpg

錦水館の天然温泉に入りました。

古代檜風呂で、温泉は潮のしょっぱさがする天然かけ流しです。
タオル付き(貸しバスタオルと貰える入浴用タオル)¥1260 
日帰り入浴時間11:30~14:00

DSC_0338_convert_20100510205217.jpg

宮島ロープウェイにも乗る予定が、予想以上に見どころが多く充実していたので、次回に楽しみにとっておくことにしました。
秋の紅葉もきれいでしょうね。
今度は山歩きをゆっくりと、など、すでに次はいつにしようか考えていたりします。


パワースポット・大山祇神社
千光寺公園を下り、ランチを食べた後、しまなみ海道を走り大三島へ。
生口島と大三島をつなぐトラス橋・多々良大橋。
ここ大三島からは愛媛県となる。

DSC_0083_convert_20100405074835.jpg

本日、もう一つの目的地、大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)へ到着。
来たいと思っていたパワースポットを2か所も訪ねることができ、有意義な休日。

鳥居をくぐると、新しい木肌が眩しく、完成を間近に控えた総門が輝いています。
まだ工事中の柵がしてあり、門の脇を通って、境内を奥に進みます。

DSC_0086_convert_20100407225821.jpg

広い境内の正面にひと際目立つ大きな楠。

乎千命御手植の楠(おちのみことおてうえのくすのき) は樹齢2600年、根周りが20mもある国の天然記念物。
ほこらのような空洞がありながら、今なお枝葉を大きく蓄えた姿は、訪れる人を懐深く迎え入れてくれるように見えます。
このほかにも歴史ある大きな楠がたくさんあり、古木からパワーを感じることができます。

DSC_0098_convert_20100405075001.jpg

DSC_0091_convert_20100405074915.jpg

天照大神の兄神にあたる日本建国の大神、大山積神(おおやまつみのみこと)を祀り、
山の神、海の神、戦いの神として古くから朝廷や武将の尊崇を受け、日本総鎮守の号を与えられているという。
瀬戸内海の一つの島に、このような荘厳な神社があり、訪れることができて感慨ひとしお。

DSC_0092_convert_20100405074940.jpg

境内の隅に狛犬が。
工事の関係で一時移動しているのでしょうか。

正面から「あ・うん」の狛犬を一緒に見られるのも、珍しくていいですね。

DSC_0100_convert_20100407225845.jpg

パワースポット・千光寺
千光寺は、パワースポットでもあるらしい。
お花見をここに決めたのも、そのパワーを体感しに・・・という目的もあって。

DSC_0037_convert_20100406073006.jpg

DSC_0035_convert_20100405075504.jpg

風光明媚な高台の、奇岩の隙間に建つお寺は、自然の神秘を探勝できる。

玉の岩。

DSC_0038_convert_20100406073046.jpg

鏡岩。

DSC_0043_convert_20100406073114.jpg

丑歳生まれ、私の守り本尊「虚空蔵菩薩」

DSC_0044_convert_20100406073135.jpg

この日、偶然、千光寺では花法要が行われるとのことで、
岡山・広島・山口の24カ寺の花の霊場会のご住職による練り歩きにも立ち合うことができた。
ホラ貝の音が、公園内に響き、趣があって、なんとも幸福な気分に浸れた。

DSC_0079_convert_20100405074810.jpg

桜の公園100選に選ばれているが、椿や藤もたくさん植えられていて、四季を通じて花を楽しめる公園。
24のお寺の花めぐりもしてみたくなった。

DSC_0054_convert_20100405074727.jpg

立春の祈念
DSC_0006_convert_20100204213735.jpg

すがすがしい立春の朝を迎えました。
昨晩、にわかに片づけをしただけのことはあって、部屋がすっきりしていると視覚から脳に伝わって体にいい影響を与えるのがよくわかります。
これが維持できるようにしなくっちゃ。

毎年、この日はお休みをとって立春の祈念に行くことにしています。
お参りはいつもの宗忠神社。
信者ではないのですが、とてもいい気を感じる大好きな場所です。

昨日の節分祭の名残で、境内横の駐車場、兼、広場には、紅白幕のやぐらがまだ残っていました。
大勢の人で賑やかだったのでしょうね。

手続きを済ませ控室で待っていると、呼び出しがあり、拝殿へと進む過程が好きです。

祈念をしていただいている時、よく涙があふれてきます。
悲しいのでもうれしいのでもなく、込みあげる何かがあるのでしょう。
自然に任せるようにしています。

お札と絵馬を頂き、絵馬を奉納して神社を後にしました。
今年も1年、いい年でありますように。


水晶とブルーカルセドニー
090724水晶

るみちゃんの紹介で、福山のAさんを4人で訪問。

パワーストーンを取り扱っているだけでなく、ヒーリングもなさっているとっても素敵な女性。

アメリカのパワースポットから帰ってきたばかりで、その時のお話や石のお話など
今まで私の周りでは聞いたことのないお話をいろいろ伺うことができました。

パワーストーンは、石からのサイン「石に呼ばれる」出会いがあるとのことで、
水晶は丸玉ではなく、この形のものがなぜか気になり・・・家へやってきました。
水晶のキーワードは、すべてを清め、浄化する。潜在的な能力やパワーを高める。

ブルーカルセドニーはハート型で、キーワードはおおらかな精神状態に導く。心の壁と偏見を取り除く。

石のパワー維持のためには、定期的な浄化も必要なのだとか。
石も浄化、心も浄化して健やかな日々を送りたいな。