FC2ブログ
花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

22.ブリュッセル南駅で大慌て
2013年5月8日(水)1泊2日の短い滞在を終え、15:20発の電車に乗車。
ルクセンブルク~ブリュッセル南駅までの約3時間、ユーレイルパス(4日め)を使用。
異国の地での列車移動にも慣れ、車窓からの眺めのお陰で長時間乗車も不思議と苦になりません。
世界の車窓から…、番組紹介したくなるようなのどかな景色が沿線に広がっています。

DSC_0467_01_convert_20130717212047.jpg

ダルム広場近くのお店で買ったケーキと駅で買ったコーヒー。
乗車して一息つき、ティータイム。

DSC_0476_01_convert_20130717212141.jpg

リブラモント駅で。
別れを惜しむ2人の姿につい…絵になります。

DSC_0497_convert_20130717212211.jpg

この路線、アルデンヌ山地を走っているせいか山間部の天候。
行きは豪雨、帰りも曇ったり雨が降ったりで景色を楽しむには、ちょっと残念な空模様でした。

DSC_0505_convert_20130717212232.jpg

それにしても木々の芽吹きや草原の緑、このまぶしさがずっと続いていて癒されます。

DSC_0508_01_convert_20130717212251.jpg

所々に黄色のジュータン、菜の花畑。

DSC_0509_01_convert_20130717212310.jpg

穏やかな時が流れる車内。

DSC_0513_01_convert_20130717212330.jpg

午後6時27分、ブリュッセル南駅に到着。
ここで6時52分発のタリスに乗り換えますが、時刻表には赤字で+0H47の表示。
どうやら47分遅れているらしい。
日本のように定刻発着が当たり前に慣れていると、1分でも遅れるとやきもき。
まして特急で47分も遅れるなんて!と2人でブツブツ言いながらホーム4Aに上がりました。
1つの番線でも「4」「4A」「4B」というように停車位置が分けられているので、位置を確認することが大切です。

DSC_0519_01_convert_20130717212351.jpg

4Aのホームでは、6:52と表示されたモニター画面にタリスの号車表示がありました。
47分遅れだから7時39分まで、ベンチで待つことにしました。
今日はルクセンブルクでよく歩いたのと列車移動でHirokoさんも少々お疲れ気味。

DSC_0520_01_convert_20130717212413.jpg

私はルクセンブルクで買ったサーモンサンドでお腹を満たして…と。
2種類のスモークサーモンが入って、お野菜もたっぷり。
値段も手頃、味もばっちりで最高に美味しい!はぁ~満足、満足。

DSC_0521_01_convert_20130717212505.jpg

ところが予定時間になっても一向にくる気配がありません。
それにホームで待つ人も少なく、なんとなくおかしいと感じ始めた時、フランス語とオランダ語(英語もあったでしょうか)、ホームにアナウンスが流れました。
どうもアムステルダム行きのタリスは、5番ホームに変更になった、とか何とか。
「え~っ!入線ホーム、違うの?」慌てて荷物を持ち、階段を下り上りして線路向こうのホームへ向かいました。

ところが、着いてみると7時52分発のタリスと表示。
ホームにいた外国人の方にチケットを見せて、6時52分のタリスはこのホーム?と身振りで尋ねると「僕は7時52分のチケットで待っているから、6時52分のは残念ながら出たあとじゃないの?」的な感じで私たちを気遣ってくれました。
そんな馬鹿な!

そう、タリスは1時間に1本運転されているので、アムステルダム行きということだけで「私たちの乗る列車」と勝手に思い込んでいたのです。

「これに乗り遅れたら、高い指定席チケットがパーじゃない。いや、まだ出発していないはず」。

慌てて他のホームを見まわすと…アッ!
赤いルージュと呼ばれる車両があそこにも。
ホームの電光掲示板を見ると遅れ時間を示す赤い文字が見えるではないの。
ぼんやりとAmsu-という行き先の文字も読めるし。

「Hirokoさん、アレが私たちが乗る電車!!」

再び、階段を駆け下り、別のホーム目指して通路を走ります。
とにかくこれに乗らなきゃ!振り返るとHirokoさん、しんどそう。
「荷物を持つわ!」奪い取るようにして預かり、自分のと2個抱えて走りました。
火事場の何とかで、重さを感じる余裕もありませんでした。

列車に着き、入口にいた係員にチケットを見せると中へというしぐさで駆け込みセーフでした。
2人ともハーハー、ゼイゼイ。よかった~、乗れた~。
今度は号車と指定席にたどり着かなくてはいけません。
いやーな汗が全身から噴き出す中、やっと指定席に着きました。
ところが満席です。
4席が向かい合って座るボックス席なのですが、私たちが向かい合って座る窓際の席にご夫婦がどっしりと座っていました。
ここは私たちの席。とチケットを見せ主張すると、通路を挟んで向こう側の席だったけど、変わってもらえない?みたいな返事。
私たちが座ってから依頼されるのならともかく、ちゃっかり占領した態度で指図するのはどうかなあと思いましたが、ま、旅先の事でもあるし「OK」。
それはいいけど、その反対側の席も埋まってて…
ピンときました。誰か2人がウソついて座ってる!
そのご夫婦は、隣のボックス席の人にその席はあなた達の指定席と合っているか確認の声をかけてくれました。
若い男女のカップルとサラリーマン、旅行者風の若者の4人です。
カップルは間違いないといい、旅行者風の若者がなんとなくオドオドしはじめ、照れてすみませんと言うように席を離れて行きました。
ところが今までテーブルでパソコンを打っていたサラリーマンが、一向に耳を傾けようとせず、パソコンも閉じて知らん顔。
私は段々苛立って「アナザーワン!?」
(もう1席足りない、私たちは2人で指定席を予約している!と言えなかったのが残念。)
御夫婦の隣にいた男性がしかとするサラリーマンにしびれをきらしたのか、フランス語で問いただしてくれました。
「えっ?ここはフィックスシート?」その男、ぬけぬけと指定席とは知らなかったという返答。
ごめんなさいも言わず、「俺の座る席、無くなっちゃったよなー」みたいなシラーッとした態度で席を離れて行きました。
列車の遅れで、仕方なく通路や連結部に立っている人もいたので、指定席でも関係なく座っていたのでしょうが、お高くとまった失礼な態度に「日本人でもしっかり主張するのよ!」とフランス語で言ってやりたかったわ。
怒りと呆れた気持ちが入り乱れる中、問いただしてくれた男性に「ありがとう」。

列車の遅れ、ホームの変更、駆け込み乗車、指定席の確認と言葉が通じない中で、何とか事を乗り越えて席に座ると一気に疲れが噴き出しました。
でも、この時の一連の様を帰国後もHirokoさんと笑い話で語るほど、強烈な出来事でした。
旅行で事件や事故はあってはいけませんが、個人旅行でのちょっとしたハプニングは良い思い出です。

DSC_0525_01_convert_20130717212531.jpg

窓の外は不安定な天気で、遠くに黒い雲が垂れこめていました。
雨も時々。
と、そこへ大きな虹の架け橋が現れました。
足元もしっかりと見えます。
少し走るとその虹がダブルに!車窓からは上手く撮れませんでしたが、それは見事なダブルレインボー。
外側の虹は、内側の虹と色の配置が逆なんですよね。

DSC_0528_01_convert_20130717212614.jpg

夜9時半頃、雲の切れ間から濃いオレンジ色の夕日が差し、やっと夜を迎えようとしていました。

DSC_0536_01_convert_20130717212643.jpg

9時41分、アムステルダム駅に到着。
6時間20分かけての移動が終わり、アムステルダムがホームタウンのように思えました。

DSC_0540_01_convert_20130717215547.jpg

スーツケースを置いていたホテルアベニューに再びチェックイン。
お部屋はなんと1階、フロント近くなので移動は楽です。
表の歩道の路面に面した位置に窓の高さがあるという、半地下のような暗い部屋ですが広さは十分。

DSC_0541_01_convert_20130717215632.jpg

右端の収納の取っ手を手前に倒すとトリプル用のベッドが出てきます。

DSC_0542_01_convert_20130717215813.jpg

部屋の階段を3段上がり、出入り口ドアの正面にバスタブ付きのバスルームがあります。
洗面台も2台。
疲れていたので、バスタブでゆったり浸かれるし、シャワーで床が濡れる狭いバスルームよりもいいか…。
暗いなーと文句をぶつけましたが、ホテル側も他の部屋を勧めようとしません。
その部屋で後の3日間滞在をすることに決めました。

DSC_0543_convert_20130717215838.jpg

21.断崖絶壁の要塞-ボック
DSC_0387_01_convert_20130711070844.jpg

サン・ミッシェル教会前でバスを降り、教会内を見学後、少し歩いてボックに到着。

DSC_0404_01_convert_20130711070930.jpg

10世紀中頃、ここにルクセンブルク城が築かれたそうですが、今は跡形もありません。
眼下のアリュゼッテ川を挟み、対岸のグルンドは城下町といった感じでしょうか。
お城からの眺めを想像してしまいます。

DSC_0432_01_convert_20130711071103.jpg

ボックは、要塞としての利点を全て兼ね備え、ルクセンブルクが各国の支配下に置かれるたびに強固な砦となっていったのだそうです。

DSC_0394_convert_20130711070908.jpg

断崖の下には巨大な地下要塞があり、入場料€3払って入ってみることにしました。

DSC_0424_01_convert_20130711070951.jpg

岩盤がくりぬかれ、地下要塞は迷路のよう。
砲台が置かれた穴もあったようですが、Hirokoさんと「穴ぐら巡りよりきれいな景色の方がいいわね」ということになり、一部を見ただけで地下から出ました。

DSC_0425_convert_20130711071041.jpg

DSC_0435_convert_20130711071123.jpg

かつての要塞も今では岸壁直下には開墾された畑があり、高台から景色を望める観光名所。
世界遺産にも登録されています。

DSC_0450_convert_20130711072417.jpg

ボックを眺めながら、ベンチで‘手作りサンドイッチ’の昼食。
城壁沿いの道を歩いて町中を散策、憲法広場近くのノートルダム寺院まで戻ってきました。
朝、立ち寄ったギョーム広場でのマーケットに再び行き、店じまいしていたお店でミニトマトを購入。
お兄さんが「内緒でおまけ」というような笑顔で、ミニトマトを大目に入れてくれました。
ありがと!

DSC_0458_convert_20130711071226.jpg

朝、カメラのレンズを落としてしまったダルム広場。
時間が経って、落ち込んだ気分もこの頃には回復していました。

DSC_0456_01_convert_20130711071204.jpg

ケーキの色も鮮やかに見えます。
そういえば、この旅行で食べたスィーツはワッフルだけ。
これからアムステルダムまで一気に戻る列車の旅が待っています。
車内で頂きましょうとケーキを買うことに。
どれも美味しそう、日本のケーキとは味はどうなんだろう、などいろいろ迷って1個ずつ買いました。

DSC_0460_01_convert_20130711071247.jpg

ホテルに戻って荷物を受取り、ルクセンブルク駅へ向かいました。

DSC_0461_01_convert_20130711072615.jpg

駅舎の天井いっぱいに描かれた絵。

DSC_0465_01_convert_20130711071331.jpg

構内のベーカリーショップには美味しそうなデニッシュ、パン、サンドイッチなどがたくさん!
ボリュームがあって、サーモンがたっぷり入ったロールサンドをチョイスしてテイクアウトしました。

20.慰霊祭
DSC_0283_01_convert_20130709220208.jpg

憲法広場へやってきました。
広場の中央には、第一次世界大戦の慰霊塔があり、塔頂には月桂樹をかざした金の女神像が輝いています。

DSC_0285_01_convert_20130709220232.jpg

乗り降り自由の市内観光hop on hop off バスの発着点です。
市内6か所にこのようなバス停の看板があり、24時間チケットで乗り降りできます。

DSC_0286_01_convert_20130709220415.jpg

バス内では日本語での観光イヤホーンガイドもあるので、町の様子がよくわかります。
20~30分間隔の運行。

DSC_0352_convert_20130709221248.jpg

赤と黄緑色のバスがそう。

DSC_0287_01_convert_20130709220312.jpg

バスを待っていると1台の大型バスから何やら制服を着た男性達が降りてきました。
その若者たちのカッコイイこと!
きっと軍隊なんだろうな…と思いつつ、彼らの方へ惹きつけられていきました。
カメラを構えて「撮ってもいい?」とジェスチャーすると一人の青年が周りにも合図し、狭いバス横でもきちんと整列してくれました。顔、小さっ。
さすが!気持ちのいい行動、そして笑みを忘れない若者に胸キュ~ン。

DSC_0289_01_convert_20130709220330.jpg

バスに乗りました。

DSC_0291_01_convert_20130709220435.jpg

折角だから、景色のよく見える2階にあがりました。
渓谷に突き出た広場、先程渡ってきたアドルフ橋が望めます。

DSC_0292_01_convert_20130709220455.jpg

出発したバスは石畳の狭い道を走り、旧市街地を楽ちん観光。

DSC_0294_01_convert_20130709220515.jpg

川と渓谷に囲まれた丘の町。
バスは旧市街から近代的な街並みエリアへと向かいます。

DSC_0300_convert_20130709220535.jpg

ルクセンブルク大公国は、日本の神奈川県とほぼ同じ面積の小国。
新市街には欧州裁判所や欧州議会事務局など国際機関が集まり、また、金融王国を目指し現在、成果としてロンドンに次ぐユーロ市場、第2の金融センターを形成しているのだそうです。

DSC_0303_01_convert_20130709220556.jpg

新市街を走る道の向こうには菜の花畑、小さいながらも趣き豊かな国を感じます。

DSC_0315_01_convert_20130709220613.jpg

駅へ向かう大通りリベルテ通りを走ります。
私たちのホテルもこの通りにあります。
両サイドの桜並木をバスの2階から眺められ、気持ちいい観光です。

DSC_0317_01_convert_20130709220633.jpg

ルクセンブルク駅の建物が見えます。

DSC_0320_01_convert_20130709220653.jpg

再び、憲法広場へ向かいます。

DSC_0322_01_convert_20130709220710.jpg

DSC_0326_convert_20130709220731.jpg

憲法広場へ戻ってくると何やら人が大勢集まっていました。

DSC_0327_01_convert_20130709220814.jpg

バスから降り、その様子を見ることに。

DSC_0340_convert_20130709220834.jpg

先程のイケメン兵士たちは、このセレモニーの為に集まってきていたのですね。

DSC_0345_01_convert_20130709220854.jpg

DSC_0346_01_convert_20130709220916.jpg

DSC_0349_01_convert_20130709221001.jpg

慰霊塔に花輪がたむけられていたので、きっと戦没者の慰霊祭なのでしょう。
5月8日が何か意味ある日なのか、セレモニーの事を検索しましたが、わかりませんでした。
そのような日に偶然、ルクセンブルクのこの広場に居合わせたのも何かのご縁なのですね。

DSC_0348_01_convert_20130709220938.jpg

解散になった後、制服に惹かれ、写真を撮らせていただきました。
左の方は少し日本語も話せ、自分は空軍所属、真中の方は陸軍のお偉いさんということがわかりました。
退役した方も胸にバッジをたくさん付けておられ、位のほどが伺えます。

DSC_0350_convert_20130709221204.jpg

DSC_0351_01_convert_20130709221227.jpg

DSC_0356_01_convert_20130709221308.jpg

hop on hop off バスに再び乗車。
1回目は様子見とバス停確認の為、下車なし。
次はボックの砲台あたりで下車し、歩くことにしました。

19.ルクセンブルクでやってしまった!
朝、カーテンを開けると空はどんより、道路も濡れている。
連続晴れも今日で途切れるのかなあ。

DSC_0237_convert_20130702072020.jpg

平日なので、レストランも人がいなくてゆったりモーニング。

DSC_0241_01_convert_20130702072111.jpg

クロワッサンに手が伸びます。美味しいんだもの。

DSC_0239_01_convert_20130702072049.jpg

ホテルの外観
駅前から続くリベルテ通りにあり、分かりやすい立地です。

DSC_0243_01_convert_20130702072128.jpg

銀行や会社の建物が並ぶ通りには、満開の桜並木がありました。
今年2度めのお花見。
満開から散り始めのようで、花びらの絨毯も楽しめます。

DSC_0252_01_convert_20130702072206.jpg

DSC_0251_01_convert_20130702072300.jpg

アドルフ橋からの景色。
ペトリュッス渓谷の深い谷、高さ46m、長さ84mの橋は、駅からの下町と旧市街を結ぶ懸け橋です。
晴れ間が見え始め、緑も輝きはじめました。
朝曇りだったようですね、ホッ。

DSC_0255_01_convert_20130702072223.jpg

ルクセンブルクの中心部へ入ってきました。
ダルム広場の石畳を歩きつつ、撮影の為にカメラレンズを取り替えようとしていたら、アアッ!レンズを落としてしまった!やってしまった。
すぐに拾い点検すると、レンズそのものは割れていないけど、本体に接続するアジャスター金属部分が変形していました。本体に取り付けようとしてもカチッとはまりません。
55-300mmのズームレンズがぁぁ…使えないぃぃ。超ショック。
Hirokoさんが慰めてくれるけど、顔がどんよりしてるのが自分でもわかる。
近くのショップで、Kodakの黄色い看板があるお店を教えてもらい100mほど戻りました。
店員さんが、ドライバーなどで変形を直そうと試みてくれました。
が「dangerous」お手上げというジェスチャーで渋い顔…直りませんでした。
帰国してメーカーで直してもらった方がいいです。という事を言われ、諦めがつきました。
残りの旅行は、18-55mm、と広角ズームの2本で何とかなるでしょう。

DSC_0260_convert_20130702072319.jpg

Hirokoさんが「ルクセンブルクはある意味、忘れられないわねぇ」
無口に歩く私に慰めの声も遠く、マカロンも少々色あせて見えます…

DSC_0261_01_convert_20130702072345.jpg

くよくよしてても、起きた事はしかたない。
レンズが何かアクシデントの身代わりになってくれたのかも。
そう思って、残りの旅を楽しく続けなきゃ。
Hirokoさん、励ましありがとう。
今朝はまずインフォメーションを見つけ、ルクセンブルクの観光にhop on hop off のバスチケットとミニトレインの共通チケットを購入しなければ。
探していると市を開催しているギヨーム広場に出ました。
インフォメーションもあり、hop on hop off のバスチケットは買えましたが、ミニトレインとの共通チケットを頼んだつもりが伝わってないのか取扱がないのか、できていませんでした。
結局、バスチケットだけで観光をすることにしました。

DSC_0281_01_convert_20130702072556.jpg

大好きなんですよねぇ~、市を見て、買って、食べてが。
ギヨーム広場の市は水曜と土曜に市が開かれます。
手作りジャム、並んだビンがカラフルでかわいい。

DSC_0262_01_convert_20130702072403.jpg

旬の野菜もたくさん。
ホワイトアスパラが太い!本場の旬の味覚を食べてみたい。

DSC_0265_01_convert_20130702072422.jpg

ブロンドヘアーに澄んだブルーの瞳、ほっぺたプクプクの女の子。
お人形さんみたいです。

DSC_0268_01_convert_20130702072440.jpg

Hirokoさんは「野菜不足だから、トマトを買うわ」と、凹凸のある珍しいトマト(写真中央)を買って食べましたが、味は薄く今一つのようでした。

DSC_0273_convert_20130706080329.jpg

DSC_0272_convert_20130702072500.jpg

トレーラー店舗のお肉屋さんを撮っていたら、陽気なお店のおじさん「知り合いのお客さんにカメラ渡して。一緒に撮ってもらおう」と提案、こんな写真になりました。
日差しがレンズに差しこんで白くなっていますが、現地での何気ない人とのふれあいは楽しいですね。
ブルーな気持ちも元気になってきました。

DSC_0275_convert_20130702072518.jpg

お花も心癒されます。
ゆっくりしたかったけど、市内観光もあるし、次へ進みましょう。

DSC_0278_convert_20130702072535.jpg

18.ブリュッセルの大元駅
旅行5日めもたくさん歩きました。
チョコレートを買い、教会に入り…と、2時半をまわってそろそろ中央駅へ、と思って地図をみたら、南駅と中央駅の間にBruxelles.Chapelle駅があるじゃないの。
教会から近いし、パスも使えるし、1駅歩くのを省略して電車に乗ることに。
※駅名はオランダ語とフランス語で併記されています。

DSC_0217_01_convert_20130625221510.jpg

列車の待ち時間は少しありましたが、疲れもありベンチに座ってほっ。
無人駅で通過する電車を見ているうち、にわか雨が降り出し「駅にいてラッキー」。
~と安心していたら、到着時刻になっても列車は来ない。
ホームから下り、男の子に「タクシーない?」と聞いたけど、ないよとの返事。
中央駅なら歩いた方が早いとも。
(傘があったら歩いてるって)半分苛立ち気味の心…
15分経ってもこなくて、そのうちに雨もやみ、結局、歩いて中央駅に行きました。

ホームで待っていた時、「この駅、ブリュッセルの大元駅じゃなあ(岡山弁)」
私たちの住まいの近隣にあるJR大元駅。
岡山駅に近いのに過ぎゆく電車が多いのでなぞらえて、好き勝手な事を言い出す始末。後で笑い話になったとさ。

DSC_0218_01_convert_20130625221531.jpg

コインロッカーの荷物をとりだし、駅で食べ物を買って電車を待ちました。
16:47発のルクセンブルク行きICがホームに入って来ました。
ナミュール経由です。
ブシュッセル・シャペル駅でのハプニングもありましたが、乗車予定時間の電車に間に合ってよかったです。

DSC_0220_01_convert_20130625221553.jpg

ベルビュービールは、さくらんぼのビール。
ブリュッセルに向け2人でカンパ~イ。プハッ。
フルーティな味わいで、飲みやすいです。が、アルコール度数5.2%。
酔います。

DSC_0221_01_convert_20130625221615.jpg

夜8時前、ルクセンブルクに到着しました。約3時間少しかかりました。
ブリュッセル-ルクセンブルク間の景色は、とても綺麗と聞いていましたが、強い雨が降ったのと2階の席の窓が斜めになっているので室内灯が写りこむので、写真は諦めました。

DSC_0229_01_convert_20130625221638.jpg

さてここでも晩ご飯は、アジア系。
駅前に看板を見つけ、そこで麺類を注文しました。
エビが入った汁麺。
この時は温かいスープ、しょうゆ味にホッとしましたが、やっぱり麺にコシがなく物足りません。
食べた後でよくよく考えたらこのラーメン、15€もするんです!
2000円もするラーメン、日本じゃ絶対食べないよぉ。
これもあとあと、Hirokoさんとの会話で笑い話として登場するんですがね。

DSC_0230_convert_20130625221702.jpg

駅から10分ほど歩き、ホテルに到着。
ゴールデンチューリップセントラルモリトールホテルという長い名前。
ここもバスタブ付きでした。

DSC_0232_01_convert_20130625221726.jpg