花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.ナガルコットへ
バクタプル観光を終え、標高約2100mにあるナガルコットのホテルを目指し、バスは山道を登っていきます。

DSC_0257_convert_20140330210139.jpg

緑豊かな段々畑。
時々、菜の花畑も見られ、民家の庭先には梅の花も咲いて、2月なのにすっかり春の感じです。
ネパール・カトマンズ近郊では二毛作で稲作が行われ、小麦の栽培も盛んだとか。

DSC_0259_convert_20140330210203.jpg

狭い山道を行くので、バスは小型のものになり、スーツケースは別のトラック便で運んでもらいます。
私、バスの最後部に乗っちゃって、山道で酔わないかなとちょっと心配…
くねくね道なんだもんねぇ。

DSC_0262_convert_20140330210229.jpg

海外では、一応、毎朝、移動を考えて乗り物酔い止めの薬を飲んでます。
が、この日は飲んでいなかったので、余計気になります。

DSC_0263_convert_20140330210252.jpg

眼下に広がる景色を眺めていると、大丈夫でした。

DSC_0264_convert_20140330210311.jpg

細い山道の運転も無事に登りきり、クラブヒマラヤ・ナガルコット・リゾートに到着。

DSC_0266_convert_20140330210330.jpg

さあ、どんなホテルなんでしょう。
どんな景色が眺められるのでしょう。楽しみです。

DSC_0267_convert_20140330210350.jpg

DSC_0268_convert_20140330210418.jpg

DSC_0269_convert_20140330210438.jpg

DSC_0270_convert_20140330210459.jpg

ホテルは景色が眺められる構造になっていますが、段々状に作られていて、私は2階のお部屋でした。

DSC_0274_convert_20140330210606.jpg

一人なのになんとトリプルユースのお部屋!
どのベッドにしようかなぁ。

DSC_0272_convert_20140330210524.jpg

DSC_0275_convert_20140330210626.jpg

DSC_0287_convert_20140330210647.jpg

DSC_0288_convert_20140330210709.jpg

DSC_0289_convert_20140330210737.jpg

ベッドサイドには、懐中電灯も容易され、お水もペットボトル3本、ポットの中にもミネラルウォーターが入っていて完璧です。
ネパールのホテルは、たびたび停電するので、日本からも用意していくように指示がありました。
停電はパッと消え、ぱっと点くという短いものですが、数分かかることも時々あるようです。

DSC_0290_convert_20140330210758.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/863-c5233641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)