花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.バクタプル観光①ダルバール広場
お昼前、スーツケースをバスに積み込み、午後からは世界遺産バクタプルの観光です。
バクタプルは889年に築かれ、12世紀~18世紀の間、首都のひとつとして栄えた古都です。
先住のネワール族が多く住み、赤レンガの中世の町並みがそのまま残っています。

獅子門
DSC_0103_convert_20140330130647.jpg

観光地だけあって、ネパール含む近隣の国(SAARC)の人はRs100(ルピー)、その他の国はUS$15、またはRs1500と差があります。
旅行時の円換算レートは、¥1=Rs1.0345
私たちは¥1,551の入場料がかかるわけです(旅行代金に含まれていますが)。

DSC_0106_convert_20140330130556.jpg

獅子門をくぐり、ダルバール広場に入りました。
すぐ左手には中学校。

DSC_0107_convert_20140330130712.jpg

DSC_0108_convert_20140330130737.jpg

ダルバールとは、ネパール語で「宮廷」を意味する言葉。
3つのマッラ王朝が独立・君臨した3王国時代にカトマンズ、パタン、バクタプルの3箇所にダルバール広場ができ、それぞれの王が美しさを競って宮殿や寺院を建立したのだそうです。

DSC_0111_convert_20140330130814.jpg

旧王宮の一角は、国立博物館となっています。

DSC_0113_convert_20140330130844.jpg

広場に点々と犬が寝転んでいます。
「まさか、死んでるんじゃないよねぇ」と覗き込む観光客。

DSC_0114_convert_20140330130903.jpg

DSC_0115_convert_20140330130957.jpg

55窓の宮殿
現地ガイドさんの説明では、王様が55人の女性を宮殿にかこっていたからとの事。
それぞれの窓には緻密な彫刻があり、ネワール建築の傑作とされています。
王様の権力を物語っていますね。

DSC_0125_convert_20140330144928.jpg

旧王宮への入り口、ゴールデンゲート。

DSC_0121_convert_20140330131036.jpg

ゴールデンゲートの前には、ブパティンドラ・マッラ王がお祈りをしている石柱像があります。
ネパールの石像の中でもっともすばらしいのだそうです。

DSC_0126_convert_20140330131124.jpg

王宮内にあるヒンドゥー教のお寺。
ヒンドゥー教徒以外ははいれません。

DSC_0145_convert_20140330131246.jpg

DSC_0138_convert_20140330131147.jpg

王様の沐浴場。
コブラや竜、羊といった生き物が装飾でひときわ目立っています。

DSC_0144_convert_20140330131223.jpg

パシュパティナート寺院(左)は、バクタプル最古のものだとか。
右は、バトサラ・ドゥルガ寺院

DSC_0151_convert_20140330131319.jpg

パシュパティナート寺院の屋根の支柱には、エロティックな彫刻が施されています。
(が、それを確認する時間もなく、適当に撮った写真です)。
こういった彫刻はほかの寺院でも多く、現地ガイドさんは「性教育」のためのものといわれていました。

DSC_0152_convert_20140330131338.jpg

みやげ物屋が連なる細い小道を通り、次の広場へ移動しました。

DSC_0158_convert_20140330131400.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/860-7b5532c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)