花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状
DSC_0105_convert_20140105120906.jpg

今年も年賀状を100枚以上お出ししました。
私の年齢になると「喪中につき…」のご連絡を頂くことが多くなってきました。
その中でも「年賀状の全くないお正月はさびしいので、皆様の年賀状はいつものように楽しみにしています」という一文が添えられているものがあり、年賀状をお出ししました。

このような御挨拶を頂いた方はおられるでしょうか。

それから、毎年悩むのが「もう、お出しするのをやめようか」という間柄の方。
出さずにいると、先方から頂く。
写真や手書きのメッセージが添えられていると、つい、年賀はがきを買ってきてまで返信してしまいます。

その昔、会社の組合活動で全国組織の研修に参加した際に知り合った女性とは、もう30年以上もやり取りがあります。
1回お会いしただけなのに。
同じく青年の船で知り合った方は、毎年、手作りの干支の版画で年賀状を下さいます。
もう、十二支が私のコレクションになっています。
昨年のオーロラ写真展では、和紙に絵とメッセージを描いて御祝してくださり、感激しました。

今年は全ての方に私の2013年の旅行先で撮った写真をモチーフにした年賀状をお出ししました。
昨年までは、目上の方やこれはと思う方には、年始の一般的なデザインの年賀状をお出ししていましたが、今年は分けずに同じものです。
「この人は旅行ばかりして」ととられるか、「旅行の写真が楽しみ」ととられるかは如何…

私が差出を悩んでお出しした方で、明らかに受取後に下さった方は、来年はお出しするのを控えようかなという気になります。
そんなこんなで、年賀状のやり取りには、いろいろ思案することが多いですね。
なによりも手書きで一言でも近況やメッセージが入っていると嬉しいものです。

私の母は年末まで入院していたので、年始になって年賀状を書いています。
「もう、書くのも段々、面倒になって来たわ…」と漏らします。
次の年賀状には「高齢につき年賀状をお出しするのもここで一区切りさせていただきます」と添えて、皆さんにお知らせすればいいんじゃない?とアドバイスしました。

「元気でやっているかどうかは、電話で声聞くのがいいんだものねぇ」

母もプラスにとらえて、考えているようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/837-883ff6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)