花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都競馬場-想像以上にワクワク-
2013.11.23(土)大阪の姉宅に泊り、恒例の京都・紅葉観光。
姪と3人で京阪電車で京都へ向かう途中、急遽、淀駅で降り京都競馬場へ行ってみることにしました。
競馬や賭けごととは縁遠いのですが、「どんな所か行ってみたいね」と姉と意気投合。
入場料¥200

DSC_0265_convert_20131228220237.jpg

広い通路をまっすぐ進み、スタンドへ上がって見ることにしました。
巨大な建物、いったいどれだけの人が最大入れるのだろうかと思えるキャパシティにびっくり。
ぽかぽかの良いお天気。

DSC_0269_convert_20131228220306.jpg

スタンドの上部、日陰の場所へ座り、まずはレースを観賞。
障害・ダート・芝とコースもいろいろあるのですね。
1レース見て、私はビギナーズセミナーに参加しに行きました。

DSC_0273_convert_20131228220350.jpg

入場後、パドックのある方へ進む途中に「ビギナーズセミナー」という看板の出ている建物があったので、そこで申込をしていました。
予約時間になると12~3人が集まりました。
競馬テキストや競馬カタログ、当日のレーシングプログラムをもらい、まずは馬券の種類について教えてもらいます。
馬券って全部で9種類もあるんですねぇ。
 単勝…1着になる馬を当てる馬券
 複勝…3着までに入る馬を当てる馬券
 単+複(応援馬券)…1頭の馬の単勝と複勝が一緒になった馬券
 枠連…1着と2着になる馬の枠番号の組合せを当てる馬券
 馬連…1着と2着になる馬の馬番号の組合せを当てる馬券
 馬単…1着と2着になる馬の馬番号を着順通りに当てる馬券
 ワイド…3着までに入る2頭の組合せ(1-2着、1-3着、2-3着)を馬番号で当てる馬券
 3連複…1着、2着、3着となる馬の馬番号の組合せを当てる馬券
 3連単…1着、2着、3着となる馬の馬番号を着順通りに当てる馬券

そういえば、ワクレンとか、サンレンタンとか耳にしたことある、ある。
レクチャーを受けると、だんだん分かってきて、なんだかうれしい(賭けごとなんだけど)。

次に馬券を買う為に、マークシートの記入について説明を受けました。
講師の方のアドバイスで、本日の11レース、馬番号はこれとこれが良さそうと新聞予想で番号を決め、ワイドを買う設定でマークしました。
これを機械に通して買えば、馬券が発行されます。
ふむふむ。
私はワイドで3つ、¥800賭けました。
さて、結果はどうなるでしょうか。ワクワクします。

DSC_0270_convert_20131228220328.jpg

次のレースの馬たちが、パドックに登場していました。
ここで1頭1頭の落ち着き、やる気、毛ヅヤなどの状態を観察し、勝負の参考にするのです。
筋肉、毛の色、艶、美しい!

DSC_0290_convert_20131228220652.jpg

DSC_0282_convert_20131228220412.jpg

DSC_0285_convert_20131228220434.jpg

スタンドに戻り、姉たちと合流しました。
先程の馬たちがいよいよ走ります。

DSC_0302_convert_20131228220713.jpg

直線コースで3頭が接戦。

DSC_0308_convert_20131228220739.jpg

「あ~~~っ、きゃ~~~っ」姉が叫ぶ、叫ぶ!
3番のトウケイタイガーがぐんぐん追い上げる。
騎手の追い込みと馬の底力に、叫びたくなるのもわかります。

DSC_0309_convert_20131228220758.jpg

DSC_0310_convert_20131228220822.jpg

DSC_0312_convert_20131228220844.jpg

スタンドでは、小学校低学年の子供に予想させている父子連れや、あまりいいとはいえない状況を目にすることもありましたが、レジャー感覚で来ている家族連れも多くいました。
思いのほか楽しく、1日いてもいいような場所。
しかし、京都で紅葉もみるのでお昼を競馬場で食べて、移動することにしました。
何箇所もあるレストラン選びで迷い、係の人に相談したら、パドックが望めるレストランに案内してくれました。
また、機会があれば来てみたいな。
その時は、競馬新聞に赤ペンは必需品になってたりして。

ちなみに夜帰宅後、ネットで結果を調べたら、大ハズレ。
ビギナーズラックとはいきませんでした。

が、2014年 午年、私も駆けるぞ!
一足早く決意。

DSC_0313_convert_20131228220907.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/835-da850bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)