花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足立美術館-かねてから行きたかった場所-
出雲大社で思いのほか時間をとられ、足立美術館へは閉館の1.5時間前に到着。
人も多く、出雲大社と兼ねて来場される方が多いのでしょうね。

足立美術館は、10年連続日本一に認定されていることで有名です。
その認定している機関は、アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」だそうです。
2003年からずっとなんてすごいですね。
創設者の足立全康さんは、全国をまわって自分の目で植栽の松や石を集めてきたそうです。

DSC_0209_convert_20131129222732.jpg

日が傾きかけた頃、やっとお庭を拝見することができました。
広大な庭の木々がきれいに刈りそろえられ、計算されつくした庭園美に感嘆しました。
お庭を楽しむよう通路も工夫されています。
通路を曲がるとパッと赤く色付く紅葉が目に飛び込んで来ました。

DSC_0216_convert_20131129222755.jpg

館内の窓がそのまま額縁になった「生の額絵」

DSC_0224_convert_20131129222816.jpg

背景となる亀鶴山の滝が、あたかも庭園に注がれてくるように見える工夫もされています。
所々、紅葉が彩を添えています。

DSC_0229_convert_20131129222905.jpg

生の掛け軸
生の額絵と同様、窓枠の向こうが掛け軸の絵のように見える構図です。

DSC_0239_convert_20131129222938.jpg

お庭をゆっくり楽しみながら進んでいたので、横山大観をはじめとする絵画の方は、結構、バタバタと見てまわる羽目になってしまいました。

DSC_0250_convert_20131129223018.jpg

カフェでお茶する時間もなく、今度、来る時は季節を変えて、ゆっくり時間をとって観賞したいです。

DSC_0257_convert_20131129223042.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/834-3937261c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)