花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星景写真家 大西浩次さんの講座
大西浩次さんの星景写真展 時空の地平線Ⅲ-天・空の記-が、岡山天文博物館で開かれています。
9月14日(土)~12月1日(日) 9:00~16:30
今年初旬にシリーズⅠを拝見し、Ⅱは見逃したけど、最終のⅢを見る良い機会が巡って来ました。
作者の大西さんが来場し、ギャラリートークと星景写真講座が開催されるというもの。

DSC_0703_convert_20131104230054.jpg

ギャラリートークは、申し込み不要で自由参加。
星景写真講座は、申込みが必要で事前の受付開始と同時にすぐ電話予約をしました。

当日、楽しみに浅口市の岡山天文博物館へ向かいました。
3時からのプラネタリウムを見て、4時からのギャラリートーク、写真講座は5時30分からと充実したスケジュールにワクワク。
ギャラリートークは、まずプラネタリウムを使って、大西さんのお話を伺い、次に展示写真の会場へと場を移動しました。

DSC_0712_convert_20131104230352.jpg

3時ぎりぎりに会場へ到着したので、展示写真をゆっくり見ていなかったのですが、大西さんの気さくなトークで写真一つ一つの解説をまるでその撮影現場にいるかのような想像をしながら見ることができました。
加えて、質問もどうぞということで、2~3質問をさせていただきました。

DSC_0714_convert_20131104230431.jpg

私の他にも母子で来場の若いお母さんが、撮影機器のことなど積極的に尋ねておられました。
大西さんは、些細な質問にも丁寧に、自分の技術や工夫していることなどを惜しむことなく明快にお話して下さいます。
とても懐が広く、素晴らしい方だなと感激しました。

DSC_0715_convert_20131104231521.jpg

質問にお応えくださるのに充実した時間でしたが、写真がまだ半分残っている中で、時間が迫っています…とのマキが入り、半分以降は駆け足になってしまいました。
が、私は大西さんの写真、自然との向き合い方、お人柄に大変感動し、一緒にお写真を撮って頂きました。
もっと、もっとお話を聞いていたかったです。

DSC_0716_convert_20131104231542.jpg

引き続き、星景写真講座。
これも1度、プラネタリウムに入り、お話を伺い、その後、カメラや三脚、防寒対策などをして外へでました。
岡山天文博物館は4時30分で閉館、その後、このエリアへは立ち入り禁止。
天文台の観測に影響を及ぼすからです。
しかし、観測状況や特別の許可を得て、講座の為に天文台まで登ることが許されていました。

DSC_0724_convert_20131104231603.jpg

台風は通り過ぎたとはいえ、今日の撮影講座の開催は危ぶまれていました。
が、雲が多いながらもなんとか回復傾向にあり、星もちらほら見え始めていました。

ちょうど1年前、オーロラ写真を撮りたいと申し込んだ岡山天文博物館での写真講座を思いだしました。
この山の上で、真っ暗な中、カメラ機能に不慣れで、あたふたしたっけ。
今回はちゃんと設定やデータ調節など自分ででき、写真もあれこれ撮ることができました。
初めての経験は、画像モードをRAWとJPEG併用で撮ることでした。
北九州から来られた方に設定などを教えて頂き、助かりました。
RAW撮影での画像処理については、勉強しなくてはなりませんが、それはまた追って。

DSC_0744_convert_20131104231645.jpg

雲が去り、星空が見え始めるとドームでの観測を始める為に車が上がって来ました。

DSC_0730_convert_20131104231624.jpg

しばらくするとドームが開きはじめる音が。
灯りも付き、天文台の雄姿にほれぼれ。

DSC_0773_convert_20131104231706.jpg

灯りが消え、いよいよ観測が始まったようです。

DSC_0777_convert_20131104231727.jpg

南には水島コンビナートがあるせいか、光害の影響があることがいなめません。

DSC_0783_convert_20131104231930.jpg

撮影を終え、再び建物内に戻りました。
撮影した各自の写真を画面に写し、大西さんから講評を頂きました。
終了予定時間よりも大幅にオーバーし、講座もとても充実したものとなりました。
お開きになった後、大西さんと少しお話をさせていただきました。
今年4月に開催したオーロラ写真展のDMをお見せしたところ、構図を褒めて頂きました
そして、また写真展を開催するつもりで、どんどん写真を撮るようにアドバイスを頂きました。

ギャラリートークや写真講座で伺ったお話が、私の気持ちをスッキリとさせてくれ、帰りの車の中でとても心晴れ晴れとした思いに浸りつつ帰路につきました。
大西さん、本当にありがとうございました。
企画して下さった岡山天文博物館の皆さま、お世話になりました。
ありがとうございました。

DSC_0788_convert_20131104231956.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/824-b9442910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)