花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28.オランダの歴史的風車群
アルクマールチーズ市を後にバスはチューリップ畑の横を走ります。
次に向かうのはオランダの風車群。

DSC_0990_convert_20130821072105.jpg

シャーマーホーン(Schermerhorn)という場所に着きました。
ここは最も古い3台の風車で知られています。
雲も低く、バスを降りるといきなり強い風のお出迎え。

DSC_0993_01_convert_20130821072147.jpg

一つの風車内部に案内されました。
この風車(Windmill)は、水をくみ上げ水路に流し込むという役割をしています。

DSC_0997_convert_20130821072246.jpg

また、風車守りの生活様式が展示されています。
塔は風車の動力の主軸を中心とした中央の空間があり、その周囲にキッチン、リビング、ベッドルームなどがしつらえてあります。

DSC_1000_01_convert_20130821072304.jpg

DSC_1001_01_convert_20130821072321.jpg

お母さんと赤ちゃんは、段違いのベッドなんですね。

DSC_1002_01_convert_20130821072339.jpg

風車の主軸、その横に急な階段があり上へ上がれます。

DSC_1007_01_convert_20130821072356.jpg

DSC_1012_01_convert_20130821072428.jpg

DSC_1013_convert_20130821072446.jpg

晴れていたらもっときれいな風景になっていたでしょう。
北海に近いこの村は風が強く、風車が大活躍する場所なんですね
眼下の建物は、お土産屋さんと小さなカフェがあります。

DSC_1019_convert_20130821072504.jpg

強い風に立ち向かうのは大変。なびいてみよう!

DSC_1031_01_convert_20130821072907.jpg

スイセンも植えられていて、春の訪問は楽しめます。

DSC_1042_01_convert_20130821072927.jpg

そして再びバスに乗り、帰路に着きます。
広大な畑に、チューリップ畑をたくさん見ました。
やっぱり遅い春だったのですね。

DSC_1064_01_convert_20130821072946.jpg

草をはむ羊たち。コロコロ。

DSC_1074_01_convert_20130821073004.jpg

小さな集落の家々も可愛いです。
急こう配の屋根は、厳しい冬の雪対策でしょうか。

DSC_1079_01_convert_20130821073025.jpg

このバスツアー「アルクマール チーズマーケット&ウインドミル」は、
2013年4月5日~9月6日までの毎週金曜日に実施されています。
4時間30分の行程で、€38(約¥5,000)
風車は、ザーンセスカンスなどガイドブックに紹介されている観光地もありますが、古くからの場所を訪ね、強風も体験でき、楽しい時間を過ごせました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/810-a16e26cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)