花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27.アルクマールチーズ市
2013年5月10日(金)
金曜日はカレーの日!ではなく、アルクマールのチーズ市の日。
当分、カレーはいいよねぇ…と2人の会話。
アムステルダムに着いた日に、現地バスツアーを予約済み。

9時出発なので、8時頃には乗り場に来ていた方がいいということだったのですが、行ってみると9時前に来て。という指示。
10分も掛らないホテルへ戻ることにしました。
帰国便のフライト時刻が30時間をきり、インターネットチェックインが可能になった為です。
先程までホテルロビーのパソコンでやっていたのですが、8時近くになり諦めて駆けつけたのでした。
接続時間がとてもかかり、画面がサクサク変わらない。
操作もうまくいかず、イライラしたにも関わらず再チャレンジ。
落ち着け。
KLMのサイトを日本語にして、座席指定もできたところで予定時間終了。ホッ。
私たちは未だガラケイだし、行く先々もガイドブックのコピーで探す旧タイプ。
スマホやタブレットを使いこなしてというのにも憧れますが、結構、アナログ旅も楽しいのだ。
ま、追々に。

ちょっと残念だったのは、旅行前、航空券を手配した某旅行会社の担当者が、30時間前からインターネットチェックインができることを教えてくれませんでした。
関空でチェックインした際、残席数が少ない上、4列シートの真ん中といったあまり座りたくないシート。
その時初めて30時間前からインターネットチェックインで座席予約ができたということを知らされたのでした。
で、上手に勧められ、悩んだ挙句、追加料金¥18,000支払って「コンフォート・エコノミー」なるシートに変更したのでした。
これはエコノミーシートより座席間隔が10㎝ほど広いというもので見た目はエコノミーと変わりません。
エコノミーシートの前方部に何列か設置してあり、天井から簡単な仕切りがぶら下がっているのとヘッドカバーの色が変えてあることで区別してあります。
席はばらばらでしたが、希望のアイル側に座れたのでまあよしとしました。
行きにそんなことがあったので、帰りはホテルのパソコンでチェックインしておこうと決めていたのです。
長くなりました…

DSC_0859_01_convert_20130816142212.jpg

9時前に乗り場へいくと私達が最後の乗客で、バスの席もばらばらになりました。
女性ガイドが添乗してくれていますが、日本語はなく英語で聞きとらなくてはいけません。
フランス語圏の人も多く、英語・フランス語・オランダ語など何カ国かの言語で対応してくれるようでした。

アルクマールは、北ホランド州という、アムステルダムより北の半島、北海に近い場所にあります。
チーズ市と風車巡りのツアーなので、寒くては大変と用心してスプリングロングコートとスカーフをして暖かい格好で行きました。
正解!
アルクマールに着くと風が冷たく感じられました。
ツアーの集合場所の説明があり、チーズ市会場の近くまで引率してもらい自由行動となりました。

DSC_0865_01_convert_20130816142237.jpg

週1回のチーズ市に、小さな町は大変なにぎわい。
店舗前では、伝統衣装を身にまとった女性が笑顔で立っています。

DSC_0869_01_convert_20130816142256.jpg

DSC_0872_01_convert_20130816142335.jpg

アルクマールも運河で囲まれていています。
チーズを載せた小舟の往来も昔からから続いているのでしょうね。

DSC_0874_01_convert_20130816142351.jpg

市が開かれるヴァーフ広場には、たくさんのテント。
歩くのもままならないほどの人で賑わっています。
市の楽しみは、見る・買う・食べる!
チーズ1切れ€0.5

DSC_0882_01_convert_20130816142429.jpg

同じテントでは、試食ありの小ぶりなチーズを売っていました。
ハーブ、とうがらし、クミンシード(ハーブの一種)など、それぞれが入ったチーズを食べ比べ。
ハーブ入りが食べやすくて、イケる!€6.0
オレンジ色のも美味しい!€4.0
迷いましたが、2種類でがまん。結構、重たいのですよ。
帰国時のスーツケースの重さも考えて買わないと。
(KLMは23kgまでOKです)

DSC_0883_01_convert_20130816142447.jpg

オランダの木靴を作っていました。
飼葉切りのような刃物を片手で上下に動かしながら、木を削っています。
想像していたのとは全然ちがっていました。
熟練の技がいる作業ですね。

DSC_0885_01_convert_20130816142507.jpg

そして、そして、見つけました。
ハーリングのお店!
オランダ人が大好きなニシン、街角で食べるお手軽スナックの一つで、私たちも是非食べたいと思っていました。

DSC_0886_01_convert_20130816142526.jpg

ハーリングは、ニシンを生のままや酢漬け、塩漬けなどで味わう海の幸。
刻んだ玉ねぎとキュウリのピクルスが添えられています。

DSC_0896_01_convert_20130816142840.jpg

私たちはパンに挟んだものにしました。
テントの横で早速、頬張りました!おいし~っ!
パンの柔らかさと脂の乗ったニシンのとろける食感、玉ねぎが程良くさっぱり感を手伝ってくれます。
忘れたのか、入れないものなのか、ピクルスが入っていなかったのが残念でした。

DSC_0891_convert_20130816142621.jpg

DSC_0901_01_convert_20130816142859.jpg

広場では、チーズ市に大きな人垣ができていました。
チーズ市では、エダムチーズなどが取り扱われています。
エダムも北ホランド州にある町で、ゴーダとともにチーズが有名な町です。

DSC_0932_01_convert_20130816142935.jpg

重たいチーズをユニークな動きで運ぶ運搬人

DSC_0928_01_convert_20130816142917.jpg

子供達を乗せて走ったりもして、会場はほほえましい雰囲気に包まれます。

DSC_0938_01_convert_20130816142956.jpg

取引されたチーズを荷車に載せて運んでいきます。

DSC_0959_01_convert_20130816143118.jpg

1個持ってみましたが、すごく重たい。
さすが、チーズ王国、これだけのチーズがどんどん消費されるのですね。

DSC_0949_01_convert_20130816143016.jpg

人垣の内側では、チーズの福袋が売られていました。数社あるようです。
カットし真空になったチーズが数個、紙袋に入っていて€10(約¥1300)
日本だと倍の値段はするでしょう。1袋買いました。

DSC_0955_01_convert_20130816143049.jpg

街の散策を続けたかったのですが、時間も少なくなってきたので、チーズ市の会場を後にしました。

DSC_0961_01_convert_20130816143137.jpg

昼食を食べる時間をとっていないので、ハーリングを食べたついでにフリッツを食べました。
ブリュッセルのレストランで、ムール貝の添えとして付いてましたが、マヨネーズは別料金。
注文しても忘れられていました。
「フリッツには、絶対マヨネーズ必要よ」旅番組で誰かが言った言葉が浮かんできました。
マヨネーズを初めてトッピング。
水道の蛇口のようなところから、マヨネーズがボッテリと出てきて、ワォッ。
おじさんもカッコよくて、フリッツが一段と美味しく思えるのだわ~。

DSC_0968_01_convert_20130816142602.jpg

量が多いのをどこでも体験してきたので、2人でシェアして十分。
うまっ!やっぱり、マヨネーズはいりますね。

DSC_0973_01_convert_20130816143344.jpg

買ったチーズ。
左の4個は福袋に入っていたもの。
右の2個は、テントで買ったものです。

DSC_1083_01_convert_20130816143409.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/809-a2b91a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)