花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お餅つき
30日は、恒例のお餅つきの日。新年が近くなったと実感。08-12-30_08-54.jpg

うちは農家で、子供のころは台所が土間、そこにあった石臼でお餅をついていました。
世の中便利になって、餅つき機ができ、石臼はすみっこへ。

10年位前にふとした私の発言がもとで、杵と臼の餅つきが復活。
手間をかけた分、お餅ののびの良さ、美味しさは格別で、それから毎年、恒例になりました。

白いお餅と黒豆の入った豆もちを2回、全部で3回つきました。
父の体調もあって、急遽、1回目は私が私がつくことに・・・
父がつく「ぺったん、ぺったん」という音とは、全然違う。
おまけに餅をつかず、石臼をついてしまって(1回だけです)。
やってもーたー!
(コネ役の母の手をつかなくてよかっただけましかも)
杵の木くずが、お餅についてしまい、それをとりながら、母の溜息が・・・。

2臼めからは、父がやってきて、交代!
やっぱり音が違う。

高齢になってきたので、あまり力仕事もさせられませんが、
年1回の行事は、両親もイベントとして張りをもっているようです。
お雑煮が楽しみですが、美味しいのでついついお餅をたくさん食べてしまいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/8-f03aa974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)