花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17.チョコレート、どれにしようかな。
人に道を尋ねつつ、ブリュッセル公園までやってきました。
昔はブラバン公の狩猟場だったそうで、噴水のある広くきれいな公園です。
ネット風の生垣は、日よけの為のものだそう。
整然と並ぶ立派な街路樹、公園外周をたくさんの人がジョギングしています。
ちょうどランチタイムとはいえ、平日の昼間にこんなに走る人がいるの?
調べてみると、ベルギーも日本と同じくお昼休みは1時間らしく、オフィスからサッと飛び出して走っているようです。
東京・皇居ランもお昼休みはこんな感じなのでしょうか?

DSC_0133_01_convert_20130627213726.jpg

セイヨウトチノキの花

DSC_0150_01_convert_20130625221057.jpg

ブリュッセル公園の南、広い道路を挟んで王宮があります。
正式名称は、ベルギー王国。
国旗が掲げられているということは、国王様が王宮にいらっしゃるということでしょうね。

さて、ベルギーの言語は?というと、オランダ語、フランス語、ドイツ語と複雑です。
19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、
オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域、
フランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分。
この他にドイツ語が公用語の地域もあるそうです。
でも、ビビることはなく、英語も通用します。
…って、私など、あいさつ+笑顔→ガイドブックのコピーを見せ、単語英語と身振り手ぶりで何とかなってますから。
困った時はHirokoさん頼みだし。

DSC_0142_01_convert_20130625220958.jpg

王宮前のお庭もよく手入れされていて、初夏の花、薄紫のライラックが満開でとても綺麗です。
公園のベンチで‘手作りサンドイッチ’を食べているとピクニック気分。

DSC_0146_01_convert_20130625221018.jpg

王宮横ロワイヤル広場に面して、ルーベンス、ブリューゲルなどフランドル絵画の王立美術館、ベルギーを代表するシュルレアリズムの画家、ルネ・マグリットの作品を展示したマグリット美術館などがあり、賑わっています。

DSC_0159_convert_20130625221118.jpg

ノートルダム・デュ・サブロン教会を曲がるとグラン・サブロン広場。
小さな広場を取り囲むようにお店が並んでいます。
ゴディバ、レオニダス、ピエール・マルコリーニ、ヴィタメール、ノイハウスなど名だたるチョコレートブランドの看板も目に飛び込んできます。
ベルギーに来たらチョコレートを買って帰らないと。
そこでヴィタメール(wittamer)とノイハウス(neuhaus)でお買いもの。

DSC_0174_01_convert_20130625221219.jpg

ノイハウスで。

DSC_0172_01_convert_20130625221138.jpg

ヴィタメールで。
かわいい~、チョコレートのトピアリー!
こんなのをプレゼントされたら感激でしょうね(可愛過ぎて食べられないかも)。
ヴィタメールのチョコレートショップの2~3軒となりにはヴィタメール・カフェがあり、ここもにぎわっていました。
御手洗いを借りたついでにケーキやパンなど美味しそうなショーケースを見て、満足。

DSC_0178_01_convert_20130625221318.jpg

ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会

DSC_0181_01_convert_20130625221414.jpg

DSC_0194_01_convert_20130625221435.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/784-5d91de2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)