花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜色の封筒を開けて涙
DSC_0059_convert_20130408220805.jpg

帰宅し郵便受けを開けると桜色の封筒。
見覚えのある毛筆は、大阪府八尾市に住むSさんからでした。
早速、開封してみると…
オーロラ写真展へのお祝いメッセージの大作!
もう、びっくりして、感動して、うれし涙が止まらなくなってしまいました。

20130409convert_20130409065747.jpg

会社の労働組合の全国イベント、日本丸の洋上研修(東京-神戸)で知り合って30年。
一期一会。
毎年、年賀状には、素晴らしい干支の版画を手作りで刷って送って下さいます。
年賀状だけでも30作品を越え、宝物として大切に保管しています。
まさか、このような大作で華を添えて下さるとは思ってもみませんでした。
Sさんは大阪ガスにお勤めの傍ら、手作り活動でテレビや講演など幅広くご活躍されていました。
数年前、定年退職されています。
当時、私が船上で写したご本人の写真を伸ばして額に入れて差し上げた事で、Sさんはでご活躍の先々でその写真と私とのエピソードを披露されていたようです。
そのハンサムな笑顔の写真と私が添えた手紙のコピー、お心のこもったお手紙を同封して下さいました。
まるで、タイムカプセルを開けたよう。
30年経って、今度は私が写真展で、Sさんのこの素晴らしい大作をご披露させて頂こうと思っています。

だから、ブログでは一部だけご紹介。
会場で是非、ご覧ください。

写真がとりもつご縁。
なんだか、すごいことになってきました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/760-d9611700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)