花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーロラ関連本
様々なオーロラツアーの中から1本に絞るのが、まあ一仕事。
最終的に阪急交通社「トラピックス」のツアーに決定。
阪急さん、毎度、お世話になってます。
申し込み時点で▲(キャンセル待ち)でしたが、1週間程してお席が確保できましたとのメール。

「行くぞっ!OH!」
4か月も先なのに、意気揚々と情報収集スタート。
オーロラに関する情報を知りたい。写真の撮り方も学びたい。
早速、図書館で実用書を借りたり、買ったり。

◆オーロラ ウオッチング&撮影ガイド 赤祖父俊一 監修 
 誠文堂新光社 2011年9月29日 発行

 第1章 オーロラへの扉
 第2章 オーロラに会いに行く
 第3章 オーロラを撮りに行く
 第4章 オーロラ観賞地ガイド 

の4章から成っていて、基本知識~服装~撮影に至るまで、知りたい事が満載。
事例が写真で分かりやすく、丁寧でとても読みやすいのが気に入りました。
最初に出会ったのがこの本で、後に購入しました。
IMG_convert_20130122222955.jpg

◆デジタルカメラによる空の写真の撮り方
 感動をドラマチックに残す 被写体別撮影テクニック
 写真・文 武田康男 誠文堂新光社 2012年4月17日 発行

装丁に惹かれ手に取りました。
普段や旅行先で空の写真を綺麗に撮りたいなあ、オーロラ撮影も載ってるし…購入。

IMG_0001_convert_20130122223036.jpg

◆デジタルカメラによる星空の撮り方
 きれいな星空を印象的に撮る
 写真・文 牛山俊男 誠文堂新光社 2012年10月30日 発行

以前、天体写真撮影講座を受講して、星空の撮影も上手くなりたいという気持ちがふつふつ湧いてきました。
ここまでの3冊はすべて誠文堂新光社から出版されています。
良い実用書と巡り合え、ありがたいです。
後は実技…、感性と腕を磨かねば。

IMG_0002_convert_20130122223056.jpg

この本も興味を惹かれ、手元に。
とりあえず、旅行先で星空と景色をきれいに撮れたら。
そして、ゆくゆくは天体望遠鏡で…、きりがありません…。

IMG_0004_convert_20130122223122.jpg

この本は、図書館で借りただけでしたが、とても分かりやすく旅のプランニングから、オーロラ入門講座、オーロラに会うための観測テクニック、おすすめ観測タウンガイドと内容充実です。

IMG_0003_convert_20130122223157.jpg

上記と同じ、上出洋介さんの著書で、2008年12月に発行されています。
旅行や撮影に役立つ内容も書かれていますが、どちらかというとオーロラの解説や神話といった内容が多く載っています。

IMG_0005_convert_20130122223227.jpg

女性ライター2人がナビゲーターを務め、実体験をもとに描いたハウツー本。
体験談など、細やかな所も書かれており、あっと言う間に読み切りました。
表紙のような赤いオーロラ爆発が見られたら、きっととりこになってしまうでしょうね。

IMG_0007_convert_20130122223332.jpg

旅行体験記。
私も写真をたっぷり使い、文章も書いて、1冊でいいから出版してみた~い。

IMG_0006_convert_20130122223309.jpg

まだまだ、他にもたくさんのオーロラ関連本が発行されていると思います。
ささやかなことでも、知りたいことが書かれてあると、調べるのがとても前向きになります。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント
オーロラが消えるかもしれない?
ご無沙汰しています。
長岡は猛吹雪です。

昨年、NHKの『宇宙の渚』でオーロラの解説を見ました。

太陽活動の今後次第では、オーロラがほとんど現れない時代に突入する可能性があるのだそうです。

かつてのマウンダー極小期のような時代が訪れると、太陽活動が低下し、太陽風が弱まり、オーロラがほとんど現れなくなる可能性が高いのだそうです。

この冬以降のオーロラはどうなんでしょうね。
興味深いところです。

今回、ツアーでご覧になるオーロラはとても貴重になるかもしれませんね。
お気をつけて、無事に帰って来てくださいね。
[2013/01/27 00:10] URL | ムササビ #OE/P4vjw [ 編集 ]

Re: オーロラ、是非この目で。
コメントありがとうございます。
こちらこそ、ご無沙汰しています。

長岡は猛吹雪!大変でしょう。
温暖な岡山も昨今、冷え込みが厳しく、気持ちが引き締まる感じです。
雪害がない事をお祈りしています。

今後、オーロラが見られなくなる可能性があるのですか!?
太陽活動の今後についての調査予測までできるなんて、凄いことですね。
日が昇り、沈んでいくのが当たり前と思っていますが、太陽活動が低下…と聞いただけで、とんでもないことが起こるような気持ちになります。
「マウンダー極小期」初めて聞く用語です(調べてみますね)。

オーロラ、見ることができたらいいなあ。
期待に胸躍らせて準備しています。
写真が撮れたら、一番に送りますね!
[2013/01/27 23:34] URL | 花遊(はなゆう) #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/741-2191149c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)