花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比叡山
再び、夏の記事に戻って…

京都迎賓館を出た後、姉が「桔梗が見頃かも」と蘆山寺へ立ち寄りました。

DSC_0196_convert_20121225222149.jpg

白砂と苔が美しい庭に桔梗が咲いていました。
秋の花というイメージの桔梗。
残暑厳しい中、薄紫の質素な花の姿を眺めてしばしの涼をとりました。

DSC_0188_convert_20121225222100.jpg

紫式部が源氏物語を執筆したという邸宅址だそうです。

DSC_0195_convert_20121225222129.jpg

私が姉宅を訪問すると姉はあれこれ情報収集をしてくれています。
夕方から比叡山へ上がることにしました。
叡山電車、ロープウェイを使って山頂までの費用が半額になるという最終日を逃さずに。
前々から訪ねてみたいと思っていたのと夜景を見る良いチャンス。
心はいち早く山頂へ飛んでいました。

ガーデンミュージアム比叡へ入りました。
広い園内にはローズガーデン、花の庭、こもれびの庭、などたくさんのお花のエリアがあります。
ゲートを入り進んでいくと、眼下に琵琶湖を望む景色が広がり、これだけでも来てよかった~という満足感に浸れます。

DSC_0207_convert_20121225222207.jpg

お花に囲まれて、陶板名画をあちこちで見ることができます。
モネ 「庭のカミーユ・モネと息子」

DSC_0220_convert_20121225222225.jpg

花の庭
色とりどりの草花。
山頂のせいか、平地ではもう咲き終わっているような花々がたくさん咲いています。
花を愛でながら、姉との会話も弾みました。

DSC_0244_convert_20121225222327.jpg

好きな花はいろいろありますが、ダリアもその一つ。
花びらの配列にとても魅力を感じます。
色合いもいいですね。

DSC_0235_convert_20121225222248.jpg

DSC_0247_convert_20121225222345.jpg

DSC_0264_convert_20121225222403.jpg

日が暮れて、いつしか月が見え始めていました。

DSC_0293_convert_20121225222436.jpg

キャンドルが灯り始めると、ガーデン内の雰囲気もグッとかわります。

DSC_0290_convert_20121225222419.jpg

京都市内や遠く大阪方面の夜景も見られ、何とか写真に…と試みましたが、三脚がないので手ぶれしてダメでした。惜しい。

DSC_0296_convert_20121225222451.jpg

レイセルベルヘ「果樹園の家族」

DSC_0308_convert_20121225222507.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/726-c327fd5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)