花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.コペンハーゲン
快晴の朝を迎えました。
夏といっても海上の風は強く、肌寒いです。
デンマークの赤い国旗が鮮やかにたなびいています。

DSC_0155_convert_20121122204602.jpg

彼方に世界遺産のクロンボー城が見えてきました。
200mmのズームレンズで撮ってみました。
ジェークスピアの戯曲「ハムレット」の舞台としても知られています。

実は、ここを通る船から通行税を徴収するために建てられたのだとか。
この海峡の幅は4キロしかなく、北海とバルト海を結ぶヨーロッパ海運の重要な海峡です。
ここで集めた莫大な額の通行税は、全て王の収入となり数百年の間デンマーク王国の経済を支えたそうです。

北欧一の大広間、絢爛豪華な装飾の礼拝堂などがあるらしく、次にデンマークへ来たら是非、行ってみたいです。

DSC_0144_convert_20121122204522.jpg

小さくなだらかな島、一面、ゴルフ場に見えますが…

DSC_0150_convert_20121122204545.jpg

風力発電の巨大な設備が海上にたくさん並んでいます。
デンマークでは国内電力供給量の20%が風力発電で賄われており、2025年までに50%に引き上げる目標を掲げているのだそうです。

DSC_0157_convert_20121122204617.jpg

オーレスン橋も遥かに眺められます。
スウェーデンとデンマークを結ぶ、道路鉄道併用橋です。
2008年に架橋20周年を迎えた日本の瀬戸大橋とこのオーレスン橋は、姉妹橋縁組を締結しています。
旅から戻り、こうしてブログを書くことで知った情報のひとつです。
橋のシルエットがきれいですね。

DSC_0162_convert_20121122220302.jpg

旅のお仲間とデッキで景色を楽しみながらいろいろお話をしましたが、もうすぐ帰国、お別れはちょっと寂しい気持ちになります。

DSC_0171_convert_20121122220318.jpg

コペンハーゲンに入港したものの、下船を待つ人が大勢ひしめいている中で暫く待たされ、やっとドアが開いて船を降りました。ドアの故障で開かなかったとか…
マスコットキャラクターのお出迎えに子供が抱きついて行きました。

DSC_0179_convert_20121122220333.jpg

バスの待つ場所へ移動。
近くには預けていたスーツケースのコンテナが着いていて、自分の荷物を確認してバスへ移しました。

DSC_0184_convert_20121122220354.jpg

当初のツアー日程では、最終日にコペンハーゲンで半日フリータイムがあり、コペンハーゲンから北京へ直行でした。
ところが、予約書類が届いた時点で、コペンハーゲン-北京便が中止となった為、コペンハーゲン-ストックホルム-北京と乗り継ぎになり、観光2時間というバタバタとしたスケジュールに変更されていました。
キャンセルも多く出たようですが、キャンセル待ちの人も多く、メンバーの中には諦めていたキャンセル待ちで運よく参加できたというお話も良く聞きました。

さて、その短い観光時間。
デンマーク在住の日本人男性が、現地ガイドとしてついて下さいました。
2時間で観光は無謀ですねえ…と慌ただしい観光を残念がっておられましたが、まずは有名な人魚姫の像へ。

シンガポールのマーライオンを昨年12月に、そして、こんなに早く世界3大がっかりのうちの2つめとご対面できるとは(あとはベルギーの小便小僧です)。

DSC_0187_convert_20121122220414.jpg

大勢の観光客がひしめいて、人をよけて撮るのに一苦労です。
水辺の人魚姫は、がっかりよりも物悲しい中にも美しく、そっと眺めていたい気分でした。

DSC_0190_convert_20121122220447.jpg

カステレット要塞を歩いて、バスが待っている場所へそそくさと移動。
ゆっくりとガーデンを楽しむ時間もなく、ちょっと残念でした。

DSC_0208_convert_20121122220504.jpg

アマリエンボー宮殿。

DSC_0229_convert_20121122220609.jpg

DSC_0222_convert_20121122220536.jpg

衛兵の被っている帽子、クマの毛皮なんだそうです。
記念写真を一緒に撮る人も多いのですが、近づきすぎるとグッと肩を押され「離れて」というニラミをきかされます。
衛兵の交代式も行われますが、残念ながらそのタイミングではありませんでした。

DSC_0224_convert_20121122220552.jpg

アンデルセンの銅像でしょうか、車窓から偶然、きれいな並木とともに撮ることができました。
コペンハーゲンといえば、チボリ公園。
私の住む岡山県では、倉敷市に以前、倉敷チボリ公園がありました。
岡山市内に誘致を検討したものの実現せず、紆余曲折の末、倉敷に誕生しました。
デンマークチボリ公園と調印し、市民の憩いの場としてにぎわったのですが、わずか11年という短さで閉園してしまいました。
コペンハーゲン市内は、ゆっくり巡ってみたかったのですが、ツアーの悲しいところ。

DSC_0230_convert_20121122220636.jpg

ニューハウン地区も車窓から。

DSC_0232_convert_20121122220653.jpg

市内は至る所で、工事が進んでいます。
スウェーデンでもそうでしたが、交通網の整備など大きな工事が行われているようです。

DSC_0241_convert_20121122220710.jpg

車内でランチを取り、飛行場へ移動することになっていたので、このレストランのランチボックスを受取り頂きました。

DSC_0249_convert_20121122220726.jpg

飛行場へ向かいました。
最終日のバタバタ観光は、コペンハーゲンを楽しむには到底、もの足りないものでした。

DSC_0255_convert_20121122220743.jpg

DSC_0265_convert_20121122221851.jpg

空から北欧の特徴ある地形、たくさんの島々にさようなら~。

DSC_0280_convert_20121122220835.jpg

オーレスン橋でしょうか。
雲の切れ間から、さようなら~。

DSC_0279_convert_20121122220819.jpg

この後、北京でトランジット、北京オリンピック会場「鳥の巣」を遠望し、中華ランチを食べ、お茶のお店に寄って(連れて行かれ?)、帰国の途に着きました。
北欧は遠いようですが、北京経由だったので、思ったよりも近く感じました。
このプランは私たちのツアーで終わりになるそうです。
飛行機会社の運航を考慮し、よりよいツアーとなって登場するのでしょうね。
北欧、今度は街並みをゆっくりと楽しんでみたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/717-ddaf8fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)