花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.フロイエン山へ夜景を見に
8月の中国・四川省への旅行をやっと掲載し終え、再び7月の北欧旅行記の続き、再開です。
旅行でご一緒だった方がメールを下さって「ブログで北欧の続きを!」とのご要望も頂いていました。
お待たせしました。

DSC_0758_convert_20121101212253.jpg

ノルウェーのベルゲンに着き、夕食を終えました。
添乗員さんが「絶景ですよ!」と太鼓判を押すフロイエン山からの夜景が見たいね、とHirokoさんと話していたところ、男性お一人参加の方2名も同じ考えで、夕食の席で隣り合わせた偶然から話が発展。
夜なので往復タクシーを利用し、割り勘で夜景を見に行くことになりました。

フロントで市内の地図をもらい、行き方を教えてもらっていると、
深夜までバスがあり、往復バス利用で安く行けることがわかりました。
バスの時間まで少しあり、ホテル横のスーパーで買い物をしていると同じツアーの方たちと会い、夜景を見に行くお話をすると人数が8人になりました。

添乗員さんの「気をつけて、夜景を楽しんでください」とのお見送りを受け、バスに乗り込みました。
現地の交通機関の利用は、ベルゲン市民になった気分。
ちょっぴり冒険のワクワク感も。

40分ほどでベルゲン市街地に到着。
明るいですが、夜10時過ぎです。

DSC_0756_convert_20121101223055.jpg

男性のリードで、路地を歩いてケーブルカー乗り場を目指します。
「多分こっち」とお気楽に進んでいくのですが、頼もしいですね。

DSC_0759_convert_20121101212315.jpg

1度、現地の方に道を尋ね、間違っていないことを確認。
程なくして乗り場の白い建物が見えました。

DSC_0760_convert_20121101212333.jpg

ところが、チケット窓口は閉まっているし、自販機も見当たらず、係員もいません(焦)。
しかも最終便が待っていて、もうすぐ出発時間…
うろたえた私たちを見て車内の乗客が、早く早く~と手招きします。
仕方がない、柵を乗り越えて行こう!と強行手段をとる事にしました。

DSC_0761_convert_20121101212350.jpg

大胆に柵越えをした私たち。
ごめんなさ~い。
車内では、地元の人たちがにぎやかに歌を歌っていてとても盛り上がっていました。
日本だと「車内は静かに」という雰囲気でしょうが、みんなで楽しく、というのが違うところですね。
歌詞はわかりませんが、弾ける車内に圧倒されました。

DSC_0767_convert_20121101212410.jpg

頂上駅につきました。
夏の北欧らしく10時半を回っても、あたりの景色がまだ見渡せ、
灯りきらめく夜景にはちょっと早い感じでした。
それでも眼下に広がる港町ベルゲンは美しく、感激しました。
この写真では明るく撮れていますが、もうちょっと暗かったです。

DSC_0768_convert_20121101212427.jpg

下山の最終便が11時なので、20分ほどしかありません。
ささっと景色を楽しみ、トイレを済ませ、下山の乗車券を買うことにしました。
発券機で買い方を迷っているとケーブルカーの運転手の青年が手助けしてくれ、今度はみんな無事に買うことができました。
北欧では、アイスクリーム1個かうにもカード決済が当たり前にできるので、
VISAカードか、マスターカードを持っていると便利です。

DSC_0775_convert_20121101212443.jpg

ケーブルカーで下山し、改めて乗り場を確認すると建物入り口のちょっと手前に発券機がありました。
私たちは掛け込んでしまい、見逃していたようです。
登りは無賃乗車してしまい、ゴメンナサイ…。

少し歩いて、港までやってきました。
振り返るとさっきいた展望台が山の中腹に見えました。
ケーブルカーの路線の灯りが点々と点いている所です。
中腹の斜面に建つ家々は、神戸と同じように高級住宅街のような感じでした。

DSC_0783_convert_20121101212500.jpg

ベルゲンは、ノルウェー語で「山の牧場」という意味だそうです。
7つの山に囲まれた坂の多い港湾都市。
ハンザ同盟の拠点都市として発展、干ダラの貿易で繁栄し19世紀まで北欧最大の都市であったとか。
その中心地ブリッゲン、中世の建築物がユネスコの世界文化遺産に登録されています。
灯りと壁の色が温かく、いい雰囲気です。
明日、観光で訪れるのですが、一足早く見ることができました。

DSC_0787_convert_20121101212517.jpg

そろそろバス停へ向かわなければ…
11時半を回るとすっかり暗くなりました。

DSC_0792_convert_20121101212533.jpg

バーカウンターで1杯いきたいところですが…

DSC_0794_convert_20121101212550.jpg

ウィンドウショッピングをしながら、歩くのも楽しいです。
刺繍がとてもきれいでした。

DSC_0795_convert_20121101212605.jpg

オープンテラスは、短い夏の夜を楽しむ人々で賑わっています。
暗く長い冬はすぐにやってくるのでしょうね。

DSC_0798_convert_20121101212620.jpg
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/11/04 15:22] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/711-92e42ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)