花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.オスロでムンクの「叫び」を観る
オスロ市内は曇りで肌寒く、時折小雨もぱらり。
まずはオスロ市庁舎へ。
外からの観光予定でしたが、行事がない日で入場できました。

DSC_0259_1_convert_20120804114601.jpg

セントラルホールでは、ノーベル平和賞の授与式が行われます。
壁に描かれた油絵はヘンリク・ソーレンセン作で、ヨーロッパ最大です。

DSC_0230_1_convert_20120804114425.jpg

DSC_0233_1_convert_20120804114442.jpg

2階から市庁舎前広場と港を望むことができます。

DSC_0236_1_convert_20120804114501.jpg

DSC_0242_convert_20120804114531.jpg

次にオスロ国立美術館へ行きました。
ここは北欧を代表する画家エドヴァルド・ムンクの代表作を58点も所蔵しています。

DSC_0307_1_convert_20120804114900.jpg

入口に掲げてある絵は、その美術館の顔ともいえる意味を持つ作品です。
クリスチャン・クローグ作で、新大陸発見を描いたものです。
クローグは、ムンクが師事した画家でもあります。
この絵の男が指差す方は、カナダ・オーランド島。
ノルウェーのヴァイキングは、コロンブスより500年も早くアメリカ大陸に到達していたと言われています。

DSC_0272_1_convert_20120804114620.jpg

モディリアーニの作品や、

DSC_0275_1_convert_20120804114657.jpg

ピカソの青の時代の作品、

DSC_0276_convert_20120804120029.jpg

ドガの彫刻、

DSC_0283_1_convert_20120804114749.jpg

名だたる画家たちの作品が多く収蔵されており、写真撮影もOKなので驚きました。

DSC_0290_1_convert_20120804114805.jpg

ある1室は、寄贈された作品がたくさん展示されていました。
エル・グレコの絵画も数点ありました。

DSC_0297_1_convert_20120804114824.jpg

DSC_0300_1_convert_20120804114841.jpg

ムンクの作品は「ムンクの部屋」に納められています。
ここは撮影禁止です。
ムンクは「叫び」を数点描いたといわれ、5点が知られています。
そのうち1点は新たに個人所蔵が分かり、今年5月、競売にかけられて96億円で落札され話題になりました。

オスロ国立美術館に所蔵の「叫び」(油絵)がことに有名ですが、現在では他への貸出はされていないようです。
オスロで本物を見ることができ、また、ムンクの生い立ちや作風の背景を知ることで一層、思い出に残るものとなりました。

Munch2_convert_20120804115113.jpg

ムンク作「たばこを持つ自画像」

Munch3_convert_20120804115134.jpg

ムンクの作品をもう少し知りたくて、日本語版の書籍を買いました。

Munch1_convert_20120804115054.jpg

オスロのメインストリート「カール・ヨハンス通り」にあるレストランに向かいました。

DSC_0314_convert_20120804114920.jpg

DSC_0316_convert_20120804114941.jpg

昼食は「ビーフシチュー」と聞いていました。
が、日本のビーフシチューを想像していたので全然、違っていて「えっ?」。
ビーフではありますが、味が全くついていない中華炒めです。
セロリと煮込んであるというので、煮込み=シチューになるのでしょうか。
細長いお米と黒い細長い麦のようなものが入ったご飯が添えてありました。
シチューは、テーブルの塩を振って頂くと美味しかったです。

DSC_0317_convert_20120804115002.jpg

食後、少し散策時間がありましたが、小雨が降っていた為、付近のお店をさっと覗いただけでした。
晴れていて散策にゆとりがあれば、もっとゆっくり通りを楽しめたでしょう。
小雨が付きまとうのは、スカンジナビア特有のお天気で仕方ないですね…

DSC_0319_convert_20120804115024.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/687-96c5ff22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)