花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊山英国庭園
5月後半、友達3人で行ってきました。
かねてから名前だけは知っていましたが、訪れるのは初めてです。
バラが咲くこの時期がおススメのようです。

赤磐市殿谷(とんだに)の旧小野田小学校と同幼稚園の敷地を利用した英国式庭園。

DSC_0183_convert_20120702234415.jpg

門を入ると正面にツルバラの絡まったガゼボが目に飛び込んできました。
つぼみはまだ堅く、6月10日頃が見頃とのことでした。

DSC_0155_convert_20120702234218.jpg

小学校、幼稚園の閉校後の建物が、コの字型に建っていて、中央の芝生はグラウンドだったのでしょうか。
とてもコンパクトな作りに「子供たちにとっては、広く感じてたんでしょうね」とほのぼのと会話をしました。
こんもりと茂る樹木の木陰は風が気持ちよく、ベンチに腰掛けてお弁当を食べました。

DSC_0127_convert_20120702234158.jpg

パーゴラには白いバラが絡まっています。
植えてあるバラも色合いを考えているのか、清楚な白いバラが建物にとても似合っていました。

DSC_0126_convert_20120702234139.jpg

バラのアーチもあります。
こちらは花が咲き誇っていて見頃でした。
アーチの下は、バラの香りで満たされています。

DSC_0160_convert_20120702234237.jpg

DSC_0161_convert_20120702234312.jpg

こぼれ種が増えたのでしょうか、草花もたくさん咲いていました。
ピンクのタンポポ!珍しいですね。

DSC_0179_convert_20120702234351.jpg

DSC_0166_convert_20120702234332.jpg

建物の向こう側にもガーデンが広がっていました。
ビオトープがありました。
水辺に鳥や虫たちが寄ってきて、植物と共存していく大切さ。
英国庭園で癒しの時間を過ごせました。
入場無料です。

DSC_0178_convert_20120702235213.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/679-1b6f0917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)