花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.シンガポールの夜
この旅行で一番豪華な夕食を頂いた。
揚げ魚のあんかけにパクチーがたっぷり。
Hirokoさんと「やっぱりパクチーはいい香り~」とドリアンに次ぐ「香りもの」にお箸もすすむ。

DSC_0436_convert_20120112224320.jpg

ブロッコリーと貝柱の炒め物

DSC_0440_convert_20120112224347.jpg

「Chilli Crab(チリクラブ)」シンガポールの蟹を辛いチリソースで炒めた料理
とっても豪華なんだけど、手がソースでべちゃべちゃ…唇はヒリヒリ~。
チリソースのカニは年配の方には、あまり受け入れられなかったようです。
もちろん、このほかにもたっぷり品数が出ました。

ただ、お店の従業員が足りないらしく、ドリンクの注文が通ってなかったり、
ペーパーナプキンも満足にもらえず、料理の内容はよかったのに対応がちょっと残念でした。

DSC_0442_convert_20120112224405.jpg

いよいよ、シンガポールnightを楽しみます。
現地ガイドさんが、シンガポールに到着した際にオプション\5,000でいかがでしょうかと提案したナイトコースです。
リバーサイドクルーズとマリーナ・ベイ・サンズのホテル見学とあの空中展望台へ上がるという内容です。
あのホテルに行ける!展望台から夜景が見られる!
そりゃもう、参加でしょ。
(旅行工程にOP表示はなかったけど、行きたい場所だったのでこういう盛り込み方は大賛成)

リバークルーズの発着場も大勢の人が待っていました。

DSC_0449_convert_20120112224423.jpg

昔の倉庫街が、リノベーションされています。
日本の小樽や港町の倉庫街を視察に訪れ、参考にしたそうです。

DSC_0453_convert_20120112224440.jpg

林立する摩天楼のライトアップ、輝いていてSFの世界にいるよう。

DSC_0460_convert_20120112224543.jpg

高級ホテル「フラートン」
1928年建築され、中央郵便局として使われていたビルを利用し、2000年に高級ホテルに生まれ変わったのだそうです。
シンガポールには有名な「ラッフルズホテル」もあり、新旧で宿泊したいホテルがたくさんあります。

DSC_0463_convert_20120112224600.jpg

夜の「マーちゃん」はちょっと大きく見える?

DSC_0470_convert_20120112224616.jpg

昼間でも感動したマリーナ・ベイ・サンズ、ライトアップも素晴らしい!
レーザー光線によるショーも遠くからちらっと見えました。

DSC_0478_convert_20120112224634.jpg

船はマリーナ湾をゆっくり周り、コースを戻ります。

DSC_0480_convert_20120112224653.jpg

マリーナ・ベイ・サンズの中に入りました。
3つの建物がこの通路で結ばれています。
3mの高さはある巨大な鉢に本物の木が植えられています。
この大きさの鉢を焼くために、中国でわざわざ巨大な窯を建設して作ってもらったそうです。
給水は底から自動的に行えるようになっているそうですよ。

DSC_0488_convert_20120112224730.jpg

ホテルの全容がわかる模型

DSC_0492_convert_20120112224751.jpg

スカイパークへ上がるチケットを入手して、ゲートを通過

DSC_0501_convert_20120112224807.jpg

わ~、着いた。
この景色、テレビで見たわ~
いよいよ、先端部分へ。

DSC_0506_convert_20120112224825.jpg

さっきリバークルーズで見上げていた摩天楼を遠くに見下ろす?
素晴らしい夜景!

DSC_0508_convert_20120112224843.jpg

DSC_0510_convert_20120112224902.jpg

シンガポール・フライヤー(2008年3月 世界最大級の観覧車として登場)

DSC_0511_convert_20120112224920.jpg

沖に浮かぶたくさんの船の明かり。
宝石をちりばめたようです。

DSC_0515_convert_20120112224939.jpg

夜景を楽しみ、再びホテル内へ。
世界最新のカジノへの入り口。
あの某製紙会社の元I社長もシンガポールのこのカジノに来ていたのですねぇ。
カジノを上から眺められる場所に案内してもらい、VIPルームはあそこ、と教えてもらいました。
撮影禁止なので、写真はありません。

DSC_0524_convert_20120112224959.jpg

たくさんのショップをみて回るだけでも1日楽しめそうです。

DSC_0528_convert_20120112225032.jpg

ベネチアのように水路が作ってあり、ゴンドラにも乗れるんだって。

DSC_0529_convert_20120112225054.jpg

このように発展著しく、経済成長率14%のシンガポールにも深刻な悩みがあるのです。
それは水不足。
平坦な島の為、山からの水が無く、マレーシアから水の供給を受けているのです。
その水も2061年に契約期限が切れる為、
このように雨水を受けるお椀型の設備が設置されていたり、いろいろな方法で貯水しています。
「ニューウォーター」と呼ばれる下水等を再利用した水は主に工業用水に利用されるほか、飲料用水にも2%ほど使われることに対してさまざまな意見がでているとか。
水の大切さを改めて感じました。

DSC_0530_convert_20120112225114.jpg

午後~夜にかけて駆け足でシンガポールの一部を観光しました。
そして、チャンギ国際空港へ。

DSC_0534_convert_20120112225132.jpg

明るくスタイリッシュな空港。
12月なのでマーライオンをはじめ、クリスマスの装飾で華やかです。

DSC_0536_convert_20120112225152.jpg

DSC_0537_convert_20120112225211.jpg

DSC_0538_convert_20120112225229.jpg

深夜発のフライトで上海へ戻ります。
半袖から冬の装いへ、荷物を預ける前にトイレで着替えました。
登場手続き開始まで、ウトウト。

DSC_0539_convert_20120112225248.jpg





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/587-365c6a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)