花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.シンガポール入国
マラッカを発って、午前中は高速道路をひたすら走る。
道路脇にはパームヤシの樹林帯が広がる。

DSC_0341_convert_20120111222723.jpg

3時間ほどでジョホール・バルのレストランへ到着。
向こうはシンガポール。
レストランのガーデンに咲く花々も南国の鮮やかな色でハッとします。

DSC_0345_convert_20120111222804.jpg

「サンタンカ」は切り花で日本でもよく見かけるようになりました。
日本のサツキのように植え込みに使われているポピュラーなお花なんですね。

DSC_0346_convert_20120111222832.jpg

スイレンの紫色がとてもきれいです。

DSC_0343_convert_20120111222745.jpg

海鮮レストランでしたが、海鮮メニューではありませんでした…
カレーはここでも美味しかった!

DSC_0356_convert_20120111222849.jpg

コーズウェイを通りシンガポールのイミグレーションに向かう車でとても混んでいます。

DSC_0360_convert_20120111222907.jpg

この建物に向かいます。

DSC_0365_convert_20120111222922.jpg

陸路での入国審査は初めて。
乗用車、バスやトラックといった車種ごとにルートが分かれています。
バスから降り、入国審査と税関を通って、再びバスに乗ります。
ここでツアーメンバーにアクシデント発生。
一人だけでてこない。
メンバーの最後にいた彼女は、スーツケースに入っていた小さな洋酒ボトルが引っかかり、いくらかの税金を課せられる羽目になり時間がかかっていたのだった。
「マレーシアで買った時に、お店の人が(この量なら)シンガポール持ち込み大丈夫っていってたから買ったのに」…。
シンガポールは、ガム持ち込み禁止、たばこ、アルコールは高額の税金がかかるので、気をつけましょう。
Hirokoさんは、国産たばこが好きな友人の為、岡山空港で買ったたばこ1カートンをマレーシアのガイドさんに差し上げて事なき得たのでした。
せっかくのお土産が…と残念そうでしたが。
手荷物がダメでスーツケースならOKと勝手な認識をしていた私も勉強になりました。

DSC_0366_convert_20120111222940.jpg

マレーシアのガイドさんとは入国までお世話になり、シンガポールのガイドさんとバトンタッチ。
日系の女性ガイドさんは、知識豊富でお話も聞きやすいとても素敵な方です。
日本の淡路島ほどの大きさのシンガポール。
島を横断してマリーナエリアへ。
巨大なドリアン出現!
ユニークな外観は劇場ホール「エスプネラード・シアター・オン・ザ・ベイ」。

DSC_0376_convert_20120111222957.jpg

マーライオンとご対面~。
そして、あのマリーナ・ベイ・サンズが目の前に!

DSC_0378_convert_20120111223012.jpg

高層ビルを背景にするとマーライオンはちっちゃいのですが、
世界3大がっかり※…といわれても、やっぱりシンボルなんです!

 ※1.マーライオン(シンガポール)
  2.人魚姫の像(コペンハーゲン)
  3.小便小僧(ブリュッセル)

DSC_0384_convert_20120111223030.jpg

今度はあそこに泊まろうねっ。空中プールで泳ごうねっ。

DSC_0387_convert_20120111223045.jpg

車窓より、シンガポール最古のヒンズー教寺院「スリ・マリアマン寺院」。
ヒンズー教の神々が彫刻に現されています。

DSC_0395_convert_20120111223100.jpg

チャイナタウンの散策。
ティアン・ホッケン寺院のそばに「死人街」!!
その昔、ここは葬儀屋が軒を連ねていたことから、終末期を迎えた人達がお寺のそばに住み、
棺桶や葬儀用品などを選んでいたことからこう呼ばれていたのだそうです。

DSC_0404_convert_20120111223155.jpg

葬儀屋さんから一般の店舗に殆ど変っていますが、葬儀用品を扱っているお店も残っています。
亡くなった人用のお金などもあり、お供えものを赤い缶で燃やして供養するのだそうです。

DSC_0403_convert_20120111223117.jpg

ティアン・ホッケン寺院へお参りしました。

DSC_0407_convert_20120111223211.jpg

DSC_0416_convert_20120111223317.jpg

DSC_0412_convert_20120111223228.jpg

DSC_0415_convert_20120111223303.jpg

DSC_0419_convert_20120111223332.jpg

DSC_0423_convert_20120111223347.jpg

クリスマスイルミネーションで輝きを増すオーチャードロード。
毎年、日立がイルミネーションを提供していて、
今年はブルークリスマス、青をテーマにしているそうです。

DSC_0429_convert_20120111223407.jpg

DSC_0430_convert_20120111223426.jpg

DFS galleria Scottswalk へ。
免税品をあれこれ見ていたら、修学旅行の日本の高校生達が何校もやってきて大賑わい。
私の高校生の頃って、信州だったなぁ…。うらやましい。
早いうちに海外へ出て見分を広めるのはいいことですね。

シンガポールドルには両替していなかったのですが、上海で替えていた元も使えたのでお化粧品を買いました。

DSC_0433_convert_20120111223443.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/586-f3a7b8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)