花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.国立モスク~ムルデカスクエア
レイクガーデンの中を歩いていくと、目の前にモニュメントが現れました。

DSC_0132_convert_20120104212656.jpg

DSC_0138_convert_20120104212718.jpg

市街地側に進むと国家記念碑、7人の戦う兵士のブロンズ像。
マレーシア独立の為に戦った兵士たちを称え、悼む力強い記念碑です。

DSC_0140_convert_20120104212739.jpg

DSC_0150_convert_20120104212818.jpg

「旅人の木」と呼ばれる大木。
扇状に広がる葉が、旅人を迎えたり送り出したり、そんな情景が浮かびます。

DSC_0156_convert_20120104212836.jpg

続いて国立モスクへ。
イスラム教は1日5回、メッカの方向へ向かってお祈りをします。
ここではお祈りの時間がマレーシア時間でわかるように時計があるとのことでしたが、8個あるのはよくわかりません。
ホテルにはメッカの方向がわかるよう、どこかに→が記されているとの事でした。
私たちは確認しませんでしたが。

DSC_0157_convert_20120104212854.jpg

モスクに上がるには、観光客でも女性はみんなこのようなスカーフと衣装を身にまといます。

DSC_0163_convert_20120104212910.jpg

にわか教徒になり、女性は両手を受ける形が祈りの形らしいです。
この位置からモスク内を見渡しましたが
イスラム教では、偶像や写真など神を表現したものが一切なくとてもシンプルです。

金曜日には大勢の教徒でいっぱいになるということでした。

DSC_0166_convert_20120104212927.jpg

独立宣言の広場・ムルデカスクエアへ。
広場の向かいには、現在、マレーシア最高裁判所として使われている歴史的な建造物がありました。
異国情緒を感じる1枚です。

DSC_0172_convert_20120104212946.jpg

そのあと、宝石店と総合民芸品店へ。
マレーシアのろうけつ染め「バティック」の生地もたくさん売られていました。
宝石はむろん、民芸品店でも何も買わず。

DSC_0176_convert_20120104213033.jpg

ベリーズチョコレートのショッピングへ。
ティラミスのチョコが人気なのだそうですが、旅行客の土産物やなのでやっぱり高い。
それでも美味しいので、手頃な品を2種類買いました。

DSC_0178_convert_20120104213052.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/582-37944b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)