花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウスヴィレッジを活用しよう
絵画展の会場である岡山市サウスヴィレッジを早乙女画伯たちと一緒に訪問。
以前の名称は「おかやまファーマーズマーケット・サウスヴィレッジ」。
県の施設でしたが、岡山市へ引き継がれ、
2011年4月28日に「岡山市サウスヴィレッジ」として再オープンしました。

岡山県南部にある南欧風の農業公園の存在は知っていましたが、
併設のロードサイドマーケット(産直市場)へ何度か寄ったことはあったものの、
場内へ入ったことは一度もありませんでした。

お天気が良かったので、まずは場内散策をしてみることにしました。
秋咲きのバラが、良い香りを漂わせています。

DSC_0008_convert_20120104122135.jpg

DSC_0018_convert_20120104122230.jpg

雰囲気のあるお家が見えてきました。
ここは「モデル農家」といってアンダルシア地方をイメージした宿泊施設です。

DSC_0009_convert_20120104122154.jpg

1棟2区画の建屋のパティオもいい雰囲気です。
ここで持ち込みのコーヒーポットを取り出し、みんなでコーヒータイム。

DSC_0011_convert_20120104122213.jpg

事務所の方にお願いして、室内を見せて頂くことにしました。
1区画6名使用を基本とした作りですが、リビングの広さはパーティーが開けそう。
利用料は¥24,000で、何人が使っても(もちろん宿泊も)OK!
奥の扉の鍵を開ければ2区画続きとなり(利用料は別途¥24,000掛りますが)多目的に使えそうです。

DSC_0019_convert_20120104122249.jpg

キッチンはアンダルシア地方の雰囲気は全く無視された作りで、ちょっとちぐはぐ?
でも、設備と広さは問題なし。

DSC_0020_convert_20120104122306.jpg

ベッド3台の部屋が2部屋。
男女分かれての宿泊も可能です。
バスルームも広い湯船にシャワーが2つ。

DSC_0022_convert_20120104122322.jpg

内部見学で納得した私たちは、
ここでクリスマスパーティーをしよう!と意見が一致したのでした。

DSC_0025_convert_20120104122338.jpg

絵画展の会場「食と農の館」内に私は初めて入りました。

DSC_0029_convert_20120104122416.jpg

1階フロアは少しずつ準備が進められていましたが、2階に上がってみると
農業にまつわる道具類が、少々時代遅れな感じで常設展示されていたり、
巨額を投じたと思われる映写設備が、使われることもなくひっそりとあったりして
施設を知れば知るほど、巨額な投資をしてもったいないなあという思いが湧きあがって来ました。

勝手な考えですが、食と農の館というのを払しょくし、設備を見直し集約して、
もっと自由に活用できる館にすれば活きた施設になり、市民の利用も変わってくるのになと感じました。

DSC_0028_convert_20120104122354.jpg

再び事務所を訪ね、12月24日の予約をしました。

大勢で使えばとても割安で素敵な会場になるのに、
平均的な3~4人の家族利用では、ちょっと出費になるかもしれません。

女性の立場では施設を借りてまで、お料理を作るという日常を引きずるより、
ホテル利用でお食事もお任せする方がいいというのもあるのかも…。

しかし、私たちのようにグループ利用にはもってこいの施設。
クリスマスパーティーの実現がスタートしました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/578-4c7d4d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)