花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツナ缶よりさば缶
DSC_0538_convert_20110727210333.jpg

実家では、キュウリ、茄子、トマト…夏野菜がたくさん採れる。
特にキュウリは、毎日、収穫があるにもかかわらず、どんどん溜まっていく。
野菜作りの贅沢な悩み…。

母は、蓋付きの大きな漬物樽にキュウリの粕漬けをせっせと仕込んでいる。
「粕代の方が高くつくわ」と苦笑いしながら。

週末、実家へ行っては、1週間分の野菜を頂いて帰る。

最近、はまっているのが、さば缶を使ったキュウリの酢の物。
おかずのクッキングという料理雑誌で、土井善晴先生がレシピ紹介しているもの。

さば缶1缶を使いきる為、4人分位の量で作っています。

材料
 ・さば缶  1缶(汁は使わない)
 ・キュウリ 2~3本(2㎜位の小口切り)
 ・塩    小さじ2(キュウリを塩もみするのに使う)
 ・生姜汁  20g分
 ・酢    大さじ3
 ・砂糖   大さじ1.5

 これに私は、みょうが3~4個の小口切りを加えて、風味アップしています。

キュウリを塩でもんで汁をしぼり、材料を和えるだけの簡単なメニュー。
さばの水煮缶は、¥100。
パサパサのツナ缶より、断然、美味しい!
しっとりと脂が乗っていて、キュウリもみに旨みが加わる。

これに水で戻したキクラゲの千切りを加えたら、歯ごたえと1品目追加のメリットあり。

こんな粗食を楽しみながら作って、ダイエット生活も継続中。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/536-c9f7ecc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)