花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シクロに乗って
公園で待っていると「シクロ部隊」がやってきた。
これに乗って少しの間、街中を楽しむ。
簡易の屋根が付いているけど、帽子や長袖着用の方がよい。
足を置く台は鉄板の為、熱を反射して足元が一番暑い。
ご用心。

DSC_0371_convert_20110622203358.jpg

私たちご一行のシクロが、列をなして街中を走る。
自転車のスピードだから、キョロキョロするのもちょうどいい速さ。
ただし、相変わらずの無秩序交通なので、車やバイク、人の間をぬって走るのには冷や冷や。

DSC_0375_convert_20110622203417.jpg

緑多い街並み。
ベトナムのカラーイメージは、グリーン&レッドといってもいいほど。

DSC_0378_convert_20110622203436.jpg

シクロのおじさんに「ホアンキエム?」と湖の方を指して尋ねると
「イエス、マダム」。
マダムと呼ばれたことがないので、こそばゆくもあり、嬉しくもあり。
そりゃ、年齢的にはそうだわね。

DSC_0379_convert_20110622203455.jpg

ホアンキエム湖は、市民の憩いの場所。
水がある景色は、やっぱりいい。

シューズショップばかりが立ち並ぶ路地に入る。
この辺りは、シューズショップばかりの通りとか、シルク製品ばかりの通りとか、扱う物が通りごとに違っているらしい。
こういう街中こそ、フリータイムで散策したかった。

DSC_0381_convert_20110622203513.jpg

フラワーショップでは、蘭を中心にガーベラなど、目の覚めるような鮮やかな色彩の花を使って、花束を売っている。

DSC_0382_convert_20110622203531.jpg

シクロでの短い散策が終わり、ホアンキエム湖に浮かぶ島、玉山祠(Den Ngoc Son)への橋を渡る。

DSC_0383_convert_20110622203551.jpg

ここは黎朝の始祖であるレロイが、湖に住む巨大な亀から授かった剣で、
明軍を駆逐したとの伝説が残っているのだそうです。

DSC_0388_convert_20110622203609.jpg

壁にも、巨大亀の背中に剣が乗っている絵が描かれています。

DSC_0393_convert_20110622203628.jpg

もっとびっくりしたのが、その巨大亀のはく製。
こりゃ、大きいわ。

DSC_0397_convert_20110622203647.jpg

DSC_0400_convert_20110622203704.jpg

今でも、2匹の亀が生息しているらしく、見ることができると幸運を運んで来てくれるとか。
ガイドのトーイさんは、2度見たそうです。

DSC_0387_convert_20110622204005.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/521-acfe0cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)