花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム「ハロン湾と首都ハノイ4日間」1日め
6月4日(土)関空 10:30発 VN945で、ハノイ・ノイバイ空港へ向けて飛び立った。
フライト時間は約5時間、時差は-2時間。
岡山から関空直行バスを利用するので、朝4時に自宅を出なければいけないが、国内旅行の移動時間と同じ感覚で行けるのがいい。
Hirokoさんと2度目の旅行、心も弾む。

南北に長いベトナム、北部ハノイは亜熱帯気候に属し、南部ホーチミンは熱帯モンスーン気候に属している。
ハノイには日本と同じ四季があるが、6月の平均気温は高32.6℃、低25.8℃。

ノイバイ空港へ到着、機内からボーディングブリッジに出ると、蒸し暑さがまとわり付いてきた。

到着ロビーで、現地ガイドと合流、ツアーメンバーは17名。

DSC_0003_convert_20110612165650.jpg

バスに乗り、ハノイ市内へ向かう。
紅河を渡る。
ハノイを中心に東に向けて紅河デルタが広がる。
はるか中国の雲南地方の高山から流れて来た紅河(ホンハー)、
ガイドのトーイさんは「あかがわ」といって紹介してくれた。

DSC_0005_convert_20110612165720.jpg

車窓からの眺めに、日本との違いをあれこれ探す。
やはり建物だろうか、間口が狭く、上に高い建て方が特徴的。
正面の装飾や色使いは華やかだが、横の壁には窓がなく、コンクリートむき出しで色さえ塗られていない。
横は隣の壁しか見えないので、窓も作らない、色も塗らない、という考えなのだそう。
なるほど。

DSC_0007_convert_20110612165740.jpg

初日、ベトナム陶磁器のバッチャン村へ行く予定が、
スケジュール3日めの予定だった、世界遺産 タンロン城址公園と入れ替わりになった。

この辺り一体は、ユネスコ世界遺産に登録された「タンロン遺跡」を構成する旧ハノイ城跡。

7つある入口の真ん中は、王しか通れず、役職や地位によってそれぞれの入口を通ったとされている。
外壁は大理石、そのあちこちに戦争当時の銃痕が残っている。

DSC_0009_convert_20110612165758.jpg

タンロン城築城時に建造された国旗掲揚台が遠くに見える。

フランス軍はハノイ占領後、新たな軍事施設を構築すべく、
1894年~1897年までの3年間にこれまでの城塞を破壊したが、
この掲揚台は軍事利用する為に壊さなかった。

1945年の8月革命により、ベトナム民主共和国が誕生。
赤地の中心に黄色の星を据えた「金星紅旗」が初めてこのフラッグタワーにひるがえった。
1954年10月10日、フランス軍からのハノイ解放、
この日から現在までこの国旗はタワーにはためき続けてきたのである。
今は軍事歴史博物館の敷地となっている。

DSC_0011_convert_20110612165818.jpg

タンロンとは「昇龍」、ハノイの旧称。
1010年から1804年までほぼ一貫してベトナム諸王朝がここに都を置いた。
昨年、2010年は、タンロン・ハノイ建都1000年の記念すべき年でもあった。

この地から龍が舞い上り、ハ・ロン「降龍」、ハロン湾へ降りたとされている。

DSC_0021_convert_20110612165836.jpg

大理石でできた龍の階段、戦争で壊れた部分はセメント補修されている。

DSC_0022_convert_20110612171206.jpg

この階段を登るとタンロン城があった。
傍の建物に展示してある写真で、当時のハノイ市内、城のあった様子が確認できる。
城の跡には、当時、フランス軍司令部が置かれていた建物が残っている。

DSC_0026_convert_20110612165855.jpg

DSC_0037_convert_20110612165914.jpg

バスに乗り、旧市内を通り抜ける。
電線が絡み合い、中には切れてぶら下がっているものもあるので、
触れると髪の毛がチリチリになると、流ちょうな日本語でトーイさんがユーモアを交えて話してくれる。

DSC_0043_convert_20110612165931.jpg

いっぱい荷物を積んだ自転車、路上で売っている人々。

DSC_0044_convert_20110612165950.jpg

車もバイクも人も、ごっちゃごちゃ。
事故はないのだろうか…

DSC_0045_convert_20110612170007.jpg

宿泊地ハロン湾のホテルに向けて、バスは進む。

DSC_0048_convert_20110612170024.jpg

DSC_0049_convert_20110612170042.jpg

広大なバナナ畑。
木ではないので、バナナは1本から1回しか採れません。

DSC_0051_convert_20110612170100.jpg

路上でパンを売っている人が点在しています。
ホコリ避けにビニールをかけていますが、売れるのだろうか…気になります。

DSC_0052_convert_20110612170118.jpg

ベトナムのお墓。
土葬し、数年経ったら遺骨を洗い、納骨しなおすのだそうです。

DSC_0056_convert_20110612170138.jpg

水田が広がっています。
北部ハノイは二期作、南部ホーチミンでは三期作。
米の輸出量が世界2位の国だけありますが、農作業は機械化されていないようです。
大変そう…

DSC_0058_convert_20110612170156.jpg

途中、お土産物屋さんへ寄りました。

ベトナム初ショッピング、ですが…
売り子さんが片言の日本語で、あれこれ売ろうとまとわりついてきます。

ベトナムのお土産を安く買ったというHirokoさんの友達の話を聞いていただけに、ここのお店の値段にびっくり。
これじゃ日本と同じだわ。

ちなみにインスタントのフォー(麺)が1US$(約80円)、
有名な蓮の花茶も手作りというウリで1袋12US$(約1000円)と言うのさえ、高いと感じてしまった。
その半値くらいの感覚でいたので、結局買わず。

DSC_0060_convert_20110612170213.jpg

DSC_0061_convert_20110612170231.jpg

ここは日本で言う道の駅みたいな場所で、果物や食料を売っていたり、地元の人たちが賑やかに食事をしていました。

DSC_0063_convert_20110612170251.jpg

DSC_0064_convert_20110612170309.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/511-eb0d9bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)