花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片岡鶴太郎展「墨戯彩花」
IMG_convert_20110531215325.jpg

岡山県北、新見市にある新見美術館で開催中の片岡鶴太郎展に出かけました。

4月23日から始まっていたのですが、
鶴太郎さんのサイン会に大勢の人が詰め掛けたという記事を目にして初めて知りました。
5月8日のサイン会には1日3000人が詰め掛け、美術館への道は大渋滞した程の人気だったそうです。

6月5日が最終日なので、ギリギリ間に合いました。

2日前に急遽、Hirokoさんに声を掛け、
ベトナム旅行をキャンセルしたChiyoさんもお誘いしたいのだけど、
とヒラメキ案をお話した所、お二方とも「是非、行きたい」とのより良いお返事!

新見でのランチも予定に組んで、3人で雨の中のドライブとなりました。

美術館に着くと、あいにくのお天気にも関わらず、入場者が引きも切らさずやって来ていました。

「墨戯採花」とは、鶴太郎さんの造語。
人とのご縁を大切に支え合って生きて行く中で、ひとりの時間がなくては味気ない。
孤独の時間に墨と戯れ、椿と語り…、ひとり遊びで紡ぎだされる水墨画。

色彩やにじませ方など、淡い絵の中にそっと自分の身を置く楽しみが広がっていました。
大作から、果物、野菜、魚といった身近な絵、陶器の絵付け、自作の器と、絵だけにとどまらない多彩な才能。

芸能人というネームバリューも来館者を呼ぶ一つにあるように思うけれど、
原画を観ることができ、鶴太郎ワールドにたっぷり浸れました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/508-56020153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)