花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉備の中山・龍神祭り
お参りした吉備津彦神社で偶然知った「龍神祭り」。
2週間後の3月6日(日)に友達を誘って、総勢5名で参加しました。
9時30分に神社左奥の忠魂碑前広場に集合、吉備の中山を守る会の方の開会あいさつでお祭りが始まりました。

なんと、「まほろばの風」という立派な歌まであって、それをみんなで歌いました。
心地良い歌。

そもそも、吉備の中山は、吉備の国と呼ばれていた頃、その中心にあった事が由来とされています。

古今集に「まがねふく 吉備の中山 帯にせる 細谷川の 音のさやけさ」と
新古今集にも「ときはなる 吉備の中山 おしなべて ちとせを松の 深き色かな」と歌われ、古くから都にも有名な場所だったとか。

忠魂碑の台石は、以前、この場所より1段高い場所にあった磐座(いわくら)だと伝えられていて、古い時代には、この磐座の前に社殿があったとか。
その社殿から磐座を、そしてその先の神体山・吉備の中山を拝んでいたとされています。

地元・龍王太鼓の演奏、子供たちがきびきびとしたバチさばきで、
太鼓の音が辺りに響き渡ります。

DSC_0475_convert_20110308080051.jpg

演奏が終わり、いよいよ龍王山への登山。

参加者と守る会の方、吉備津彦神社の宮司さんで総勢50名くらいでしょうか。
前後2班に分かれ、守る会の方の説明を聞きながら、標高170mの龍王山を目指します。

岡山に生まれ育ち、かつては倉敷山の会にも所属していたにも関わらず、
吉備の中山を歩いたことがありませんでした。
時間にして30~40分程とのことで、私たちも少し安心。

DSC_0478_convert_20110308080116.jpg

成親供養塔(なりちかくようとう)と横穴式石室を通り、
歩きやすく整備された遊歩道を落ち葉を踏みしめながら歩きます。
途中、樹木の説明を受け観察したり、一帯の話を聞いたりしながらだったので、気がつくと元宮磐座(もとみやいわくら)に着いていました。
この磐座は吉備津彦神社の元宮と伝えられており、
元旦を迎える深夜には宮司さんがここまで登って来られて神事をされるのだとか。

古代の人は自然の大きな岩を神様が降臨される場所として崇めていたのですね。
それが現在「パワースポット」として脚光を浴びている所以でしょう。

DSC_0484_convert_20110308080142.jpg

元宮磐座のそばに小高く開けた場所があり、ここが龍王山山頂です。
中央に山桜の大木、眼下には岡山平野が見渡せます。
また、北方面には遠く鬼の城が望め、温羅伝説の場所であることもはっきりと判ります。

DSC_0494_convert_20110308080231.jpg

ここには八大竜王が祀られています。
1781~1788頃に岡山の商人常盤屋が奉献したものと伝えられていて、石の小さな祠が8つありました。
御供え物をし、祭壇ができあがり、会の熊代会長さんが8つの神様の名前をみんなで声に出して覚えましょう、と言われました。
難陀(なんだ)、跋難陀(ばつなんだ)、娑伽羅(しゃから)、和修吉(わしゅうきつ)、徳叉迦(とくしゃか)、阿那婆達多(あなばだった)、摩那斯(まなし)、優鉢羅(うはつら)

竜王様達は難しい名前なんですね。
吉備の中山 散策のしおり、が手元にあるので書けました。

雲を呼び雨を降らせる力を備えた神、人々が龍神様に祈りを込めて雨乞いをしていたのでしょうね。

宮司さんが祝詞をあげられ、私たちも頭を垂れ、礼と拍手でお祈りをしました。
神事の後、ありがたいことに一人一人に御札まで頂きました。

DSC_0490_convert_20110308080207.jpg

閉会のあいさつの後、お弁当持参の人は、ここでお昼。
私たちもお弁当を食べました。
吉備の中山を守る会の方達も「今年は何だかとってもいい会になったなあ」と喜んでおられました。

守る会がスタートして8年余り。
10年前に元宮磐座と八大竜王周辺の草刈りや清掃から始まったと聞きました。
手の入れられてなかった山の中を歩き回り、埋もれていたものを発見した時の喜びはすさまじいものだったとしおりに書いてあります。

現在150名程の会員がいると伺いましたが、
実際に整備等で活動に参加しているのは20名くらいだとか。
60~70代の方でしたが、どの方も知識豊富、そして何よりも「吉備の中山をより良くしたい」想いで楽しく活動されている印象を受けました。
活動資金もお正月に神社で獅子舞や赤米の甘酒販売をし、その収入を充てているとのこと。
太鼓もその資金から買ったということで、地道に自分たちでまかなえる範囲で活動されているのがとても好感が持てます。
もっともっと市民、県民、ひいては県外からも祭りに参加し、この吉備の中山のロマンを感じて欲しいと思いました。

DSC_0495_convert_20110308080252.jpg

この日は曇りでしたが、私たちが山を降りた頃に雨乞いの成果が現れることに…

DSC_0500_convert_20110308080311.jpg

昼食後、残った数人の参加者を会の方がその先の磐座巡りに案内して下さいました。
恥ずかしい質問と知りつつ、
吉備津神社と吉備津彦神社の違いは何ですか?と尋ねると
吉備津神社は「備中の国の一宮」、吉備津彦神社は「備前の国の一宮」、どちらが上かという区分はありませんよ。とのことでした。
吉備の中山がその昔から神体山であり、昔の備中・備前の境がちょうど吉備の中山を通っている為に国境近くに2つの一宮があるということです。

DSC_0505_convert_20110308080333.jpg

八畳岩の周辺は明るく、とても気の良さを感じます。

DSC_0508_convert_20110308080357.jpg

鏡岩

DSC_0513_convert_20110308080422.jpg

せっかくだからと足をのばし、西は黒住教本部近くの中山茶臼山古墳まで歩きました。
大型前方後円墳は宮内庁の管理下にあり、周辺は有刺鉄線が巡らされています。
その一部入りこんだ場所に穴観音が祀られています。
石仏の側面にある穴に耳を当てると観音様の声が聞こえるとの言い伝えがあります。
私も耳を近づけましたが…聞こえたような、気がする…としておきましょう。

DSC_0516_convert_20110308080450.jpg

実はTさんから「御稜はパワースポットよ」と教えられていたので、早いうちに行きたいと思っていた場所。
5月には、柵1つ分中に入れる祭事があるらしく、その頃また訪れたいと思いました。

DSC_0523_convert_20110308080511.jpg

DSC_0524_convert_20110308080532.jpg

DSC_0527_convert_20110308080551.jpg

黒住教本部の駐車場では、もう桜の花が咲き始めていました。
守る会の方達は、道中も絡まる蔦を切ったり、できたばかりの新ルートの話をして下さったり、行く先々の説明に加えて山のあちこちに目をやりながら導いて下さいました。

今度は4月3日に石舟古墳で「温羅の花祭り」をするとの事。
お昼から用事があるのですが、ぎりぎり参加できればしたいな~と思っているところです。

パワースポットを歩き、知識も増え、楽しく充実した龍神祭りでした。
吉備の中山を守る会の皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

ゆりちゃんの文章と写真を見ていて、山を守っている方々の温かい気持ちが感じられて私もとてもすがすがしい気持ちにさせていただきました。
ありがとうございます♪
ときどき一人でぶらっと龍の口にハイキングに出かけたりしているので、いつか一緒に山歩きさせていただきま~す♪
[2011/03/09 17:42] URL | りっちゃん #- [ 編集 ]

一緒に歩こうね!
りっちゃん、コメントありがとう。
ほんと、守る会の方達は穏やかにしっかりと山を愛しておられました。
龍の口ハイクもいいですね。
りっちゃんはフルマラソン走るから、私はひ~ひ~言いながらになるかもしれないけど・・・。おしゃべりしながら歩くのもいいね。
春の山を一緒に歩けるのを楽しみにしていま~す。
[2011/03/09 22:25] URL | 花遊 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/453-dc14cc84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)