FC2ブログ
花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

昭和の御殿雛
先日、お雛様を出した。

DSC_0366_convert_20110228212843.jpg

納屋の2階で眠っていた大きなブリキ缶2つを何十年ぶりかに下ろした。
長姉が誕生した時に両親が買ったもので、もう50年以上経っている。
久々のお雛様とあって、両親も懐かしさと期待で見守る。

恐る恐る箱を開ける・・・「そうそう、こんな飾り、あった、あった!」

人形達は目立った痛みもなく、無事に飾れることに安堵した。
タンスなど飾りもののアルミでできた細工は粉になって傷んでいるものもあったが、
子供の頃、姉たちと飾ったかすかな記憶が、蘇る。

DSC_0348_convert_20110228212726.jpg

御殿がついていたのは覚えていたけど、どんなものだったか・・・
久しぶりに飾るには母の助けが必要で、母もやる気満々。

パズルのようにしまってあるパーツを箱から取りだして、ベース部分から組み立てていく。
仕上げ段階になって、多少、あれこれ迷ったがなんとか御殿が組めた。

DSC_0356_convert_20110228212816.jpg

現代のお雛様から比べると、御殿に納まるお内裏様、お雛様をはじめ、人形はコンパクト。
5人囃子の持つ小物をそれぞれにセットする頃にはだいぶ時間も経ち、疲れてきた。

しかし、思った以上に豪華な御殿で、立派な5段飾りのお雛様が完成すると
改めて子供の成長を祝ってくれた両親への感謝の気持ちがこみ上げてきた。
こうして座敷に再び飾ることができて、本当によかった。

DSC_0353_convert_20110228212751.jpg

母がポツリと言った・・・
「もう、お雛様を片づけるのが遅くなっても、気にせんでええじゃろ?」
1本取られました。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/448-d6ed29c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)