花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「恋するナポリタン」
IMG_convert_20101111225141.jpg

会社から帰宅後、シネマクレール丸の内へ。
イタリアかぶれの私の気をひくタイトル、ちょっと気になる眞大さんの演技。
肌寒くなった夜道、久々にチャリをこいで行ってきました。

内容はまあ、あんなもんかな、という気楽に見られる作品でしたが、
とろとろオムライスやピッツァ、パスタ・・・レストランのお料理がスクリーンに映って、
それはそれは、美味しそう。

7日までの1ヶ月間、TOHOシネマのマンスリーフリーパスを使って13本観賞。
この秋~冬にかけて時代劇映画の配給会社が「サムライ・シネマキャンペーン」を展開しているほど、今、サムライ映画が目白押し。

「十三人の刺客」「桜田門外ノ変」「雷桜」と観賞し、後は「武士の家計簿」「最後の忠臣蔵」。
どれも見たい作品ばかりでいいのですが、どうも切腹・断首・自刃という痛々しいシーンが多く、映画を見ながら体も気持ちも硬くこわばってしまいます。

昔は武士のけじめ(=人としての責任のとり方)が切腹という形で立派な最後を迎えたのでしょうが、どうしても「痛いってもんじゃないだろうな」とかそっちの方を考えてしまう訳です。

時代劇、侍映画は疲れてない時に見るべき。

だから、こんな気楽な映画は仕事の後でもチャリに乗って「よし、観に行こっ」となるんです。

TOHOシネマ岡南にも随分お世話になっていますが、
岡山の貴重なミニシアター「シネマクレール丸の内」もいい作品を上映するので、会員を続けて行こうと思っています。

スポンサーサイト

コメント
ブログは無くて・・・
すみません、ブログやっていません。
でも、楽しみに拝見しております、3年間西市に住んで野田3丁目で勤務しておりました。
同じ区内ですが、17日に引越しの予定が有りバタバタしています。
先月26日に帰国し、引越・信州への小旅行 ? して来月初めからクルーズに行く予定で、予定を詰め込み過ぎたと反省する毎日です。
旅行記は全部印刷して持って行きましたか大助かりでした。
料理の評価など完璧で、「同館・同館の連続でした」。
これからも記事を楽しみにしています。
[2010/11/13 00:15] URL | KK #0iyVDi8M [ 編集 ]

お近くでしたね
KKさん
コメントと訪問をいつもありがとうございます。
私の紀行をプリントして持って行って下さったとのこと、
イタリアを再訪したようにうれしく、お役にたてたことが何よりです。

西市、野田3丁目ということは、私の生活圏内ですよ。
野田のコーヒー豆屋さん「バンカ」にもよく買い物に行きます。

イタリアー引越しー信州ークルーズ!すごいフットワークの良さに拍手です。
詰め込んだかな?と思う方が、弾みができていいのかもしれません。
楽しんでらしてください。
帰国後の訪問・コメントを楽しみにしております。


[2010/11/14 21:08] URL | 花遊 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/351-f8db4d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)