花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアのホテル
【1日め】リパモンティドゥ&レジデンス(ミラノ郊外)

長旅で疲れた体をやっと横たえることができる安堵感。

DSC_0022_convert_20101004222249.jpg

そして、部屋も2つでミニキッチンまであるのにびっくり。

DSC_0025_convert_20101004222310.jpg

ホッとし、いよいよイタリア国内での旅がスタートすると思うと
ワクワクして、疲れているのに目が冴えて殆ど眠れませんでした。

DSC_0026_convert_20101004222329.jpg

朝起きて、ホテルの大きさにびっくり。

DSC_0027_convert_20101004222347.jpg

国際見本市等、大きなイベント時の集客と長期滞在に備えたホテルでした。

DSC_0028_convert_20101004222405.jpg

【2日め】シェラトン ジェノバ(ジェノバ郊外)

DSC_0120_convert_20101004222423.jpg

やっぱりシェラトン。
お部屋の雰囲気もバスルームもゆったりだし、キレイ。

DSC_0121_convert_20101004222442.jpg

シェラトン ジェノバは、コロンボ空港のすぐ近くに建っています。

DSC_0130_convert_20101004222500.jpg

【3日め】マイワンホテルヴィラドゥカーレ(パルマ郊外)

DSC_0272_convert_20101004222519.jpg

本館と新館(右のガラス窓の方)があり、私たちは本館。
この部屋が薄暗く、狭い。
翌朝、新館の部屋を見せて頂いたら、なんと、スタイリッシュできれいなこと。
ちょっと、差をつけられた感じがしました・・・

DSC_0276_convert_20101004222536.jpg

マイワンホテルの周りは、アーチェリーやサッカーなどができる広い公園。
レストランを出て、朝の散歩を少し。
洋梨が生っていたり、朝日に輝く木立を眺めるひととき、気持ちよかった~。

DSC_0280_convert_20101004222551.jpg

【4・5日め】ホテル ヨーロッパ(コルティナダンペッツォ)

まさにチロルの風景。
オーストリアとの国境に近く、イタリアにいてスイスを感じる町。
ここへゆったり2泊できるのは、うれしい。

DSC_0407_convert_20101004222629.jpg

部屋はシックですが、落ち着ける雰囲気で○。

DSC_0393_convert_20101004222611.jpg

ホテル内の作りが重厚。

DSC_0412_convert_20101004222646.jpg

素敵なカウンターバーで1杯、とはいかなくて・・・
思い立ったら行動しておくべきでした。

DSC_0413_convert_20101004222706.jpg

冬場、暖炉に火が入れられ、人々が談笑している光景が目に浮かびます。

DSC_0414_convert_20101004222722.jpg

DSC_0415_convert_20101004222739.jpg

DSC_0416_convert_20101004222755.jpg

DSC_0417_convert_20101004222811.jpg

朝日が昇り、だんだんと町を照らし始めます。

DSC_0433_convert_20101004222829.jpg

ここでの部屋は、もう、感激。
道路とは反対側で、それはもう、山と裾野の町がとても良く見れました。

DSC_0450_convert_20101004222845.jpg

【6・7日め】イデアミラノサンシーロ(ミラノ郊外)

本来なら、コモのホテルに2連泊でしたが、
日本を出発前に予定変更を知らされていて残念な思いをしていました。
コモ-ミラノが50Km程とはいえ、往復する時間、現地でゆっくり過ごせたのに・・・
と、残念がっても仕方ありません。

DSC_0767_convert_20101004222905.jpg

そんな私たちを、目の覚めるようなカラーコーディネートされたお部屋が迎えてくれました。
さすがイタリア。
赤いファブリックが、なんともいえません!

DSC_0768_convert_20101004222924.jpg

バスルームは、シャワーだけでしたが、ここもタイル張りがアクセントになっていてキレイ。
夜中、トイレに行くにも入口にブルーの照明があり、
就寝にも邪魔にならないようになっているので助かりました。

DSC_0769_convert_20101004223833.jpg

ホテル編の最後に、
どこの部屋にも便器とは別にビデが並んで設置されていて、腰から下を洗うのに使うそうです。
(正しい使い方がわからず、一度も使っていません)

日本では、シャワー付きトイレが普及していますが、
ヨーロッパでは殆ど普及していないのだとか。

硬質の水の為、設備の細い管に石灰成分が付着しメンテナンスが大変、というのが理由の一つにあるようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/316-39711be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)