花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちごジャム
DSC_0355_convert_20100523110037.jpg

豆類と同様、いちごも収穫の季節。
山盛りのいちごを前に母が1粒1粒を傷まないようにトレイに並べ、
小粒や少し傷んだものとより分けていました。

「今年は肥料のやり方を間違えて、味が今ひとつなんじゃ」と母。
何かを与え過ぎ、葉が大きくなって太陽が十分当たらなかった事が原因のようです。

去年はミツバチ激減が影響したのか、粒が小さく、コブができたようないびつな形になり不作。
今年も、納得がいく出来でなかったことが、悔しそうでした。

いちごでさえこんな状況ですから、家畜伝染病・口蹄疫で、
牛や豚を殺処分されている宮崎県の酪農家の方たちは、
本当にやりきれない気持ちでいっぱいでしょう。

母は、この小粒たちをジャムにしているのですが、
そのジャムも大量にできるので冷凍保存して、
大阪の長姉に送ったり、自分の兄弟たちが来た時に持って帰らせたりと余念がありません。

今回、私もいちごジャム作るわ、と貰って帰りました。
約1.1キロ。

いちごの約30%(300g)のグラニュー糖にレモン汁も適量入れて、アクを取りながら煮詰めて完成。

鮮やかないちごジャムができました。

小ビンに入れて、これもお福分けになる予定。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/249-f73a9827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)