花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁和寺の御室桜
原谷苑からタクシーに乗り、仁和寺側へ下る山道は、ハイカーがたくさん歩いています。
道が狭く一方通行の規制もあり、タクシーで原谷苑へ行く場合は金閣寺側からの方が便利です。

仁和寺東門でタクシーを降り境内へ、その敷地の広いこと。

御室会館前にも色々な種類の桜があり・・・それはまた後のブログで紹介するとしましょう。

DSC_0145_convert_20100421213606.jpg

中門をくぐると左手に「御室桜 満開」の大きな表示が。

遅咲きで、背丈が低いことから、顔が扁平なおかめ=「お多福桜」とも呼ばれています。
目の前で咲くコロコロとした白い花と呼び名、数ある種類の中で一番親しみのある桜かもしれません(笑)。

DSC_0146_convert_20100421213629.jpg

見頃の桜と五重塔を写すベストポイントを姉が教えてくれて、そこでパチリ。
青空だったら、どんなに美しい景色だったことでしょう。残念。

DSC_0152_convert_20100421213718.jpg

歩きながらふと「仁和寺にある法師・・・って、何だったっけ?」と尋ねると、以前、初詣に行ったことのある石清水八幡宮とのつながりがあった。

それは、「徒然草」 第52段.仁和寺にある法師。

-原文-

 仁和(にんわ)寺に、ある法師(ほふし)、年寄るまで、石清水を拝(をが)まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩(かち)よりまうでけり。極楽寺・高良(かうら)などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。
 さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意(ほい)なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
 
 すこしのことにも、先達(せんだち)はあらまほしき事なり。

DSC_0148_convert_20100421213652.jpg

-現代語訳-

 仁和寺(にんなじ)のある法師が、年をとるまで石清水を拝んだことがなかったので、それを残念に思って、ある時、思い立って、ただひとり、徒歩で参詣した。ところが彼は、極楽寺や高良(こうら)社などを拝んで、これで願いがかなったと思い込んで帰ってしまった。
 そして、仲間に向かって、「長年思っていたことを、ようやく果たしました。評判以上に尊いお宮でした。それにしても、あの時に、参拝の人たちが皆、山に登って行きましたが、山の上に何事があったのか。気にはなったけれど、神へ参るのが目的なのだと思って、私は山の上までは見物しませんでした」と言ったそうだ。

 少しのことにも、案内者は持ちたいものである。

DSC_0156_convert_20100421213830.jpg

そう・・・、徒然草だったのですね。
なぜ、その一文を覚えていたのか、不思議です。

少しのことにも応えてくれる先達の姉を持ったことに、感謝しなければ。

DSC_0182_convert_20100421214208.jpg

御室桜の下は有料の縁台なので、観音堂横の満開のツツジの傍にシートを敷いて、買って来たお弁当を頂く。
訪れる人は多いけれど、境内が広いのでお弁当を広げる人たちもゆったりと場所を決めて楽しめるのがいいですね

DSC_0162_convert_20100421213917.jpg

国宝の金堂
仁和寺では本堂ではなく、金堂と呼ぶのだそうです。

DSC_0163_convert_20100421213945.jpg

DSC_0165_convert_20100421213527.jpg

途中、小雨がパラパラと降ったりやんだり。
何とかもちこたえてくれて、たくさん写真も撮れました。

DSC_0172_convert_20100421214011.jpg

DSC_0180_convert_20100421214108.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/231-f93af17d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)