花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本容子のワンダーランド
IMG_convert_20100131115018.jpg

ふくやま美術館で開催中の「山本容子のワンダーランド」を見に行ってきました。

会場は、7つの構成で展示されています。

 1.PRINTS
 2.静物画
 3.あのひとが来て
 4.Jazzing
 5.過ぎゆくもの
 6.ふしぎの国のアリス
 7.平安の姫君

用紙いっぱいに描かれたひとつひとつの絵の配置、色の乗せ方、小さなところまでユーモアを忘れない絵にどんどん引き込まれていきます。

会場の中央にはスクリーンがあり、制作風景など4タイトルに分けて上映されています。

全部みれば約2時間くらいかかるのですが、作者のアトリエでデザインをおこす所から銅板画ができるまでの工程やステンドグラスの大作品を作り上げる様子を丁寧に紹介していますから、ゆったり時間をとって会場入りされるのがいいでしょう。

びっくりしたのは、音楽や文章からイメージを膨らませて、それをどんどん描いて行くところ。
失敗というのはないのだそう。

銅板画だけでなく、油絵、ステンドグラスの大壁画に取り組む様子など、物語の世界が作者の頭の中を通って形になっていく・・・すごいです。
ステンドグラスも、ただ色のガラスを組み合わせて行くのではなく、ガラスの上に絵を描く技法を取り入れて息吹を吹き込んでいく様子は圧巻です。

まさに山本容子さんのワンダーランド!

ぜひ、足を運ばれることをおススメします。

DSC_0002_convert_20100131123048.jpg

ちなみにこの牛のオブジェも山本容子さんの作品です。

DSC_0005_convert_20100131123115.jpg




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mapletea1224.blog67.fc2.com/tb.php/189-1b729094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)