花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.エベレスト遊覧飛行
2月11日 朝5時過ぎにモーニングコール、朝食を済ませ6時にロビー集合。
オプションで申し込んでいたエベレスト遊覧飛行に出かけます。
添乗員さんはホテルに残り、現地ガイドのラジムさんが引率してくれます。
国内線の空港までは10分ほど。
暗い中空港に着き、暫くしているときれいな朝焼けが広がりました。
エベレストが見られますように。
胸が高鳴ります。

DSC_0040_convert_20140225224226.jpg

ボーディングパスを受取り、男女別セキュリティーチェックを受けて、待ち合いへ。

DSC_0039_convert_20140225224156.jpg

航空会社はいくつかあり、私たちはイエティエアライン。
イエティとは、雪男。ヒマラヤらしい。
他にブッダエアーというのもあります。

DSC_0044_convert_20140225224319.jpg

早朝というのに待合所は人でいっぱい。

DSC_0041_convert_20140225224252.jpg

一角がにぎやかになったと思ったら、お猿さん出現!
空港のまわりにはお猿さんがたくさんいるようです。
さすがにセキュリティーをかいくぐって来たつわもの!ではなく、飛行場側から1匹だけ堂々と入って来ました。
ここに来れば食べ物があると知っているのでしょうね。
テーブルのジュースパックを噛んで破り、ジュースを飲んでいました。
搭乗待ちの人達がとり囲み、写真をパシャパシャ(私もその一人)。
よくあることらしく、係の人が追い払いに来て、お猿さんは外へ。

DSC_0047_convert_20140225224346.jpg

雲に覆われたままの飛行場。
待機時間が暫く続きました。

DSC_0052_convert_20140225224431.jpg

やっとアナウンスがあり、搭乗機への送迎車に乗り込みましたが、ここでもまた待機。

DSC_0050_convert_20140225224410.jpg

暫くして係員から本日のフライトはキャンセルとの説明がありました。
雲の上に出れば晴れているのかも…という期待もむなしく、エベレストは雲に覆われていたようです。
セキュリティーを逆戻りして空港を出ます。

DSC_0054_convert_20140225224457.jpg

カトマンズ空港の国内線ターミナルはこんな感じ。

DSC_0055_convert_20140225224521.jpg

とぼとぼとバスに。

DSC_0056_convert_20140225224552.jpg

ホテルまで戻る途中に土埃の舞う空き地にたくさんの人。
ネパールでは自動車教習所がなく、このような空き地でバイクや車の運転を習得するのだそうです。。
インフラ整備も含め、まだまだ未整備の国。
日本のODAによりカトマンズ市内には環状線ができています。
ラジムさんは「きれいな道。ジャパンハイウェー」といって日本からの協力を褒めてくれました。

DSC_0058_convert_20140225224616.jpg

エベレストホテルに戻り、遊覧がなくなった分、フリータイムとなりました。

DSC_0064_convert_20140225224642.jpg

私の大好きな大輪のダリアが咲いていました。

DSC_0068_convert_20140225224706.jpg

DSC_0069_convert_20140225224745.jpg

ホテルに併設のお土産物やのおじさん。
大宰府から参加された高木さん奥様と秋葉さんとで覗きにいきました。
が、なんとお二人は結構、あれこれ興味をもって買いはじめました。
おじさん「ここは千円ショップだよ~。なんでも千円」。

DSC_0077_convert_20140225224810.jpg

ホテル併設のスーベニアショップ、といえども、棚も商品も道路のホコリで汚れている。
おじさんも手慣れたもので、パッパッと布ではたき、はははっと笑いながら渡してくれます。
買うものないなぁ…と思いつつもじっくりと棚を眺めていると、目が合った(ような気がした)。
小さな仏様の像。
お顔が柔和で、即、購入。
おじさんに仏様の名前を尋ねると「ヴァジラサトヴァ」。
コピーしてた「地球の歩き方」のネパールの神様、仏様の紹介ページ。
おじさんに見せると載ってました。
金剛菩捶(こんごうさった)ということがわかりました。
中期密教においては大日如来の教えを受けた菩薩で、密教の第二祖とされたとか。
金剛(ダイヤモンド)のように堅固な菩提心を持つと称されるのだそうです。
ようこそ、わたしのもとへ。
大切にします。

DSC_0083_convert_20140225224924.jpg

ホテルの玄関横に立つ係の方。
民族衣装が素敵ですね。

DSC_0078_convert_20140225224835.jpg

部屋に戻り、コーヒーを入れて一息。
窓の向こうにはホコリに白くかすむ家々。

DSC_0079_convert_20140225224858.jpg

ホテル前の道を横切るのも一苦労。
信号も横断歩道もなく延々とやってくる車・バイク。
遥か向こうの交差点で車が止まったのを見計らって、渡るのを指示してくれた人に従って、やっと渡れました。

DSC_0085_convert_20140225224947.jpg

秋葉さんとホテル付近を散策。
コンビニのようなお店に立ち寄り、時間も無くなってきたので、信号機がある交差点を渡って帰ることにしました。
信号機…は作動してなくて、無用の産物状態に。
どこでも警察官の誘導に従って、交通整理がされているようです。

DSC_0089_convert_20140225225011.jpg

タンドールでナンを焼いていました。

DSC_0093_convert_20140225225036.jpg

スポンサーサイト