花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾道散策
小泉淳作展を堪能した後、展望台~千光寺へと散策。
冬枯れの園内ですが、観光地なので散策を楽しむ人たちが結構います。
ポンポン岩の上でカップルの写真を撮ってあげたら、代わりに私たちも撮ってくれました。

DSC_0021_convert_20120206220443.jpg

駐車していた千光寺公園駐車場から、街へ下りて昼食を「旬彩」で頂きました。
\1,260の定食、量的にはいいのですが、器の数が多いというだけで…
もうひとつ、彩りや盛り付け、内容にインパクトが足りない感じがしました。
ちょっと割高感も。

DSC_0023_convert_20120206220502.jpg

商店街を歩いていると、衣料品店前のワゴンにはちみつを発見。
ふたの紙包みに日の丸が付いてるし、何だろうと手にとってみていると、
「ゴンゼツの木」や「百花」というラベルのはちみつでした。
店主の説明によると、ゴンゼツというのは「コシアブラ」の別名。
「アブラ=油分を含むイメージがあるので、ゴンゼツにシールを貼り直している」ということでした。

はちみつの名前は、ひとつでも他の花が混ざると「百花」という表示になるそうです。
コシアブラの表示ということは、尾道には広いエリアにこの木が植えられているということ。
蜂も「日本在来種みつばち」という貴重な種である事を知りました。

DSC_0026_convert_20120206220520.jpg

コシアブラは、春先、新芽を天ぷらにして食べます。
タラの芽にも匹敵する美味しさで、私も大好きです。

Webサイトから写真を拝借、こんな花です。
庭先によくあるヤツデの花に似ていますね。

184px-Chengiopanax_sciadophylloides_4.jpg

店主は続けます…「インターネットで販売したら、すぐ売り切れになるけど、あえてしない」と。

¥980か…。

百ちゃんがどんな風味か味わいたくて「試食はないんですか?」と問いましたが、試食はなし。
でも、2人とも買う気になっていて、珍しい「ゴンゼツ」を買いました。
試食が無いのを悪いと思ったのか、あれこれ質問したのを喜んでくれたのか、
店主は「何か付けてあげよう」とはちみつの隣に売っているすりごま¥280を一つずつ下さいました。
「和田萬の黄金香り胡麻」、金胡麻を使ったすりごまです。
おじさん、ありがとう。
貴重なコシアブラのはちみつ、どんな味なのでしょうか。

DSC_0072_convert_20120206220750.jpg

尾道は海産物のお土産が多く、よく見かけるのは「デベラ」というタマガンゾウビラメ、通称・デベラガレイの干物です。
金槌でデベラの背骨をトントンと叩き砕いて、砂糖醤油などの味で付け焼きや唐揚げなどにするそうですが、私はまだ作ったことがありません。

DSC_0027_convert_20120206220615.jpg

商店街は日曜定休なのか、衰退なのか、シャッターが閉まっている店舗が目につきました。
魅力ある商店街作りはどこの街でも課題なのでしょうね。
そう思って歩いていると、「あっ!気になるお店」が目につきました。

「パン屋航路」というパン屋さん。
「暗夜行路」をもじったゴロ合わせ、港町らしく航路にしたのでしょうね。
店内がよく見えるスッキリしたガラス張り、シンプルな店構えは好感が持てます。

店内のお客さん数人が、残り少ない店頭のパンを先を競うように買い求めていました。
若い人の経営するセンスのよいパン屋さん、次に訪れた時には是非、買いたいと思いました。

DSC_0029_convert_20120206220638.jpg

以前、昇福亭の「はっさく大福」を偶然買ってお土産にした所、とても美味しかったので、今回も是非にと思い商店街をてくてく歩いてお店まで行きました。
夕方だったので、残念ながらはっさく大福は売り切れ。

商店街のお土産物屋さんに中屋のはっさく大福を売っていたので、
店頭で出して頂いたお茶で大福を食べて帰ることにしました。

DSC_0030_convert_20120206220656.jpg

尾道は何度か訪れていますが、まだまだ歩いてないところがたくさんあります。
暖かくなったら、桜を愛でにまた歩きに来たいな。

DSC_0031_convert_20120206220714.jpg

スポンサーサイト