花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利休「牛たん極弁当」
京都での会社の研修会。
夜、懇親会で宮城・牛たん炭焼で有名な利休の名前が挙がりました。
仙台営業所だけでなく、東京や福岡の女性スタッフも知っていて、私は初めて知りました。
1月12日、別件で訪れた天満屋岡山店。
ちょうど全国うまいもの味くらべが開催されていて…利休も出展!
ウワサの牛たん弁当に出会いましたよ~。

DSC_0192_convert_20140205212655.jpg

天満屋創業185周年記念で、前期に利休が出展していました。
同じく前期には、東京・叙々苑も出展。
叙々苑の「タン塩カルビ弁当」も気になりましたが、利休の牛たん極弁当のボリュームに惹かれて購入。
毎日30折限定というのも購買意欲をそそられるわねぇ。
私はすんなり買えたけど、程なくして行列が!

夜ごはんにしたので、あぶり直して赤ワインを飲みながら美味しく頂きました。
が、牛たんのボリュームは半端なく、私の胃は少々びっくりしたみたい。
モォ~~~。

DSC_0193_convert_20140205212844.jpg

スポンサーサイト
CO-OPたこ焼き
DSC_0144_convert_20140114070952.jpg

無性にたこ焼きが食べたくなることがあります。
そのお助けマンが、コープの冷凍たこ焼き。
レンジで解凍OKなんですが、私はフライパンで底面をカリッと焼くのが好き。
残業で遅くなって手軽に済ませたい時、ちょくちょく登場。
粉もんとソース味の組合せは、庶民の味の代表格。

近隣にコープの店舗が移転してきたので、よく買い物をするようになりました。
たこ焼きだけでなく、オリジナル商品にも興味をひくものがいろいろあります。
ただ、気を付けないといけないのは、レジでもらう次の買い物時のポイント加算お知らせ。
○日 ¥1000以上お買い上げの際、このレシートで30ポイント加算…といった具合に。
つい、この日に買い物しなくちゃ(=¥1000買い物)という意識になってしまいます。

食品の産地偽装や冷凍食品の毒物混入など、食品にまつわる良くない話題も多い昨今。
たこ焼きは、たま~に。
できるだけ食事を手作りし、バランスよく食べたいと思います。

初物のまつたけ
DSC_0006_convert_20121231202406.jpg

仕事の後輩がまつたけを1箱、業者さんから頂いてきました。
ひょんな成り行きでまわって来たらしく、中国産といえど12本ほど入っています。
大きさで1本と2本組を作り、あみだくじで職場のメンバーに渡りました。
業者のTさん、ありがとうございます。
まつたけごはんにして頂きました。
香りはちょっと…でしたが、なんねんぶりかの初物でした。
春満載のお弁当
DSC_0771_convert_20120512214717.jpg

毎日のお弁当作りも順調。
やっぱり食いしん坊なんだなあ。

先日、友人からタケノコいる?と連絡があり、「いる!いる!」
仕事を終えて一宮まで飛んで行った。
母に連絡すると「わ~、今日、里からもたくさんもらって外に釜を出してゆでたとこ」。
「明日、ついでに炊いといて」。
タケノコを頂いた足で実家に寄り、ちゃっかり甘えてお願いした。
(堀ったのを時間を置かずにゆでるのがいいって言うじゃない)

そして…ゆでたてのタケノコを笑顔で頂いて帰ったのでしたぁ!

たけのこご飯を炊き、お弁当も一気に春の装いになりました。

 しめサバ、蕗と鶏ミンチの炊いたん、卵焼き、なすびのソテー、しば漬け

もち麦-いい食感!
私の食いしん坊アンテナにピピピッときた「もち麦」。
福山市の(有)アグリインダストリーが、約半世紀ぶりに栽培を復活させたものです。

先日、立ち寄った道の駅笠岡ベイファームで、
その土地の何か珍しいものはないかなと品定めして、
試しに小袋200g入り¥420を買ったのですが、これが大ヒット!
今日、最後の1粒まで使い切ってしまいました。

DSC_0152_convert_20120324204624.jpg

普段は白米炊飯ですが、たまに黒米や雑穀、ハト麦、押し麦などを入れて炊きます。栄養成分や効能というよりも、食感や風味に惹かれてという理由。

3合を炊く場合、大さじ3杯くらいをもち麦に変えて加えます。
炊きあがった白米の所々に丸いもち麦がプチプチもちもちした食感で、最高!

DSC_0285_convert_20120324204644.jpg

身近なお店では取扱が無い、貴重なものです。
アグリインダストリーのHP掲載のもち麦の歴史について、以下、引用させて頂きました。
********
笠岡湾干拓“海の畑”と福山市駅家“山の畑”で収穫した『もち麦』は、
昔、もち米の代替品として昭和初期まで広く耕作され、
自家用として食されるケースが多く「ダンゴムギ」と呼ばれたり、
穂の粒の色から「スミレモチ」と呼ばれたりしていました。

もち麦は、昭和初期までは瀬戸内海地域を中心に広く栽培されていたようですが、
高度成長期以来すっかり影をひそめ、この地域でも見かけなくなって久しくなりました。
戦後は、もち米の生産量が増えるにつれて農家が自家消費用に細々と作るくらいになってしまいましたが、アグリインダストリーが約半世紀ぶりに本格的に栽培に乗り出しました。

愛媛県道後平野以外ではほとんど栽培されていない希少な農産物です。
地元の特産品として普及にも力をいれていきます。
********
食物繊維が白米の約25倍も多く含まれています。
特に血中コレステロールを下げる働きや、
大腸がんの予防効果があるとされるβ-グルカンが米や小麦に比べて多く含まれています。
また、糖質が少ないのも特徴です。 とのこと。

もち麦、恋し。
明日は笠岡まで、ドライブしようかなあ…