花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジの南蛮漬け
DSC_0327_convert_20140901222124.jpg

魚料理と思っても原油価格の高騰からか、値段が高く手が出しにくいものが多いと感じる。
母と鮮魚コーナーで悩む。
丸々太ったアジが1匹100円ほどなので、メニューはアジの塩焼きに決め、購入。

晩御飯を食べ、着信のあったTさんに電話すると
「アジをたくさんもらって、配りまわってるの」と。
え~~っ、塩焼き食べたばかり~!と笑って答えたら、Tさんも大笑い。
夜8時、Tさん宅に寄って8匹いただいた。

用事を済ませ、夜10時になり、アジの南蛮漬けを作りはじめる。
冷凍も考えたけど、作っておけば悩まなくていい。
1時間ほどで完成。
エキスがしみ、しんなりしたタマネギが結構、好きなんですよ。

スポンサーサイト
アジの干物-猛暑が役に立つ
高知県、山梨県で2日連続で40℃を超えたとニュースで伝えています。
岡山も37℃を越え、立秋を過ぎても秋は程遠い…
今日は外出をせず、家で過ごそう。と決めました。

近所のスーパーでアジ1匹¥100。
昨日、対面販売の魚屋で「アジの干物用に開いてください」とお願いし、塩をして1晩経ちました。
初の干物作り。
金串を刺し、洗濯物干しにぶら下げ、ベランダへ。
あまりの暑さにハエも寄ってくる気配なし。
5時間後、お陰でいい具合に干物ができました。

DSC_0721_convert_20130811221607.jpg

ベランダへ出ただけの休日。
録画再生で海外へ出かけ(た気分)…スペイン・コルドバのひまわり畑に感動!
父から依頼されていた文章のワープロ打ちをのらりくらりとこなし、すっかりリラックスの時間を過ごしました。
最近、友人に伝授したお鍋を使った燻製(熱燻)。
アジの干物、塩麹で味を付けた半熟ゆで卵を燻製にしました。

DSC_0734_convert_20130811221633.jpg

できたての燻製、キュウリの酢の物、グリーンサラダ、ノンアルコールビールで夕食。
アジの塩が4%と本に書いてあったけど、ちょっと効きすぎたかな。
今度は塩分控えめで、安い時にまたアジの干物を作りましょう。

DSC_0737_convert_20130811221700.jpg

清水白桃の蜜煮
7月下旬から8月初旬にかけての10日間程、短い期間に清水白桃の旬を迎えます。
実家にも2本の清水白桃の木があり、母はソワソワ。
今年もどっしりとした実が生りましたが、天候に左右されやすい「味」が気になります。
「うん、甘い。まあまあ、じゃな」。
ホッとした様子。

丁寧にもぎ、1個1個を確かめながら選別、全て母の管理下で扱われます。
良いものは、母の兄弟姉妹4人と県外に住む私の姉宅、近所の親しいお宅へとお分けします。

残ったものは、形が悪かったり打てたものになってしまいます。
でも立派な夏の味覚を味わえるので、スーパーで高値のものを買うことを思えば贅沢です。
今年は成熟直前に雨に見舞われたことで、実が裂けたり、種が割れたりする被害も多いと聞きます。

清水白桃の蜜煮を作ることにしました。桃6個分。

DSC_0696_convert_20130807074027.jpg

トロリと口の中で広がる桃の果肉、ヨーグルトのトッピングで頂いています。

DSC_0706_convert_20130807074051.jpg


スモークサーモンとサラダ
毎週土曜日、近所のスーパーでは鮮魚市があり、開店を待って行列ができます。
1週間の買い物をする私も、この鮮魚市が楽しみです。

昨日は丸々としたカツオ1匹が¥1200。
片身でもOKということで、半身を購入¥600。
タタキにして実家へ半分、家でも晩ご飯に頂き、残りはブロックで冷凍。

生鮭は半身で¥600、片身といえどもめちゃ大きい。
塩とハーブミックスをまぶして冷蔵庫へ。

昨夜、スモークを作ったのですが、スモーク用鍋の網に乗りきりません。
1/3は、続けて2回目のスモークにまわしました。

DSC_0540_convert_20130714094255.jpg

さくらのチップと中ザラメを混ぜ、30分燻します。
あ~いい香り。

DSC_0544_convert_20130714094323.jpg

今朝は、いかを使って、デパ地下惣菜風の具だくさんサラダを作りました。

今日はこれらを持って、新見市の百代さん宅へ。
哲多町でのキンボタル観賞を一緒に楽しみます。
ホタルの撮影も初めて挑戦。
一緒に食事して、お泊りでゆっくりおしゃべり予定。

DSC_0545_convert_20130714094348.jpg

上庄里芋と大野部の栗
秋の味覚をあれこれ頂き、キッチンに立つのが楽しい季節。

一つは、福井県大野市から。
テレビでも良く取り上げられる有名な上庄(かみしょう)里芋。
北欧旅行でご一緒だったYさんに清水白桃をお送りしたところ、秋を待ってお礼に送って下さいました。
Yさん手作りの麦みそ、奥さま手作りの「コロ煮(小芋を甘辛く煮たもの)」、北海道のじゃが芋のおすそ分けも入って、どっしりと重い宅配を受け取りました。

DSC_0055_convert_20130101215049.jpg

Hirokoさんにレシピを教えてもらい、甘辛い炒め煮を作り青柚子の皮を摺って散らしてみました。
上庄里芋は、柔らかい中にもしっかりした肉質の美味しい里芋です。

宅配が届いた時間、ちょうど「旅サラダ」という番組でラッシャー板前さんが大野市から中継で上庄里芋を紹介していました。
偶然にしてはとってもタイミング良く、興奮してYさんに即、お礼メールで伝えました。

DSC_0069_convert_20130101215124.jpg

里芋料理をもう一つ。
鮭の白子を買っていて汁ものを作ろうと思っていたので、頂いた麦みそを使い、具だくさんの芋汁を作りました。
寒い冬の季節、たっぷりの具とほっこり里芋、麦みその風味が美味しい1品となりました。
Yさん、ありがとうございます。

DSC_0074_convert_20130101215217.jpg

こちらは岡山県新見市大野部の栗。
百代さんから「小粒だけど美味しい栗よ」と頂きました。
乾燥しないようチャック付き袋に入れてあり、イガと青紅葉が添えてありました。
家の竹かごに入れて、秋の味覚をちょっと演出。

DSC_0075_convert_20130101215302.jpg

焼き栗、おいしっ。
実家にもおやつに持って行き好評でした。
百ちゃん、ありがとう!ごちそうさまでした。

DSC_0078_convert_20130101215324.jpg