花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倉敷①秋篠宮様、佳子様
3月1日(日)倉敷で「ダニエル・オスト 花と心」が始まりました(4日まで)。
尾道市の友人2人と10時に大原美術館前で待ち合わせ。
一緒に見る約束をしており、わくわくしながらこの日を待っていました。
なんと!5日前の新聞に「秋篠宮様と佳子様がいらっしゃる」との記事。
花展と合わせ人出も多いから駐車できなくては大変!と、倉敷芸文館の駐車場に1時間早く入りました。
そして、小雨の降る中、大原美術館に向かって歩いていくと…

すでに大原本邸、別邸、美術館前にはすごい人。
宮様方は屋外展示から、別邸に入りダニエルさんの作品をご覧になっているとの事でした。

DSC_0722_convert_20150302234721.jpg

早く着いたことで、写真も撮りたくなって人垣の2~3列めにいたところ、
警備に当たっている私服の機動隊青年が「ここの方もう少し広がって前に出てください」。
なんと、自然の流れで最前列に立つことができたのでした。
ラッキー!
ところが一旦止んでいた雨が無情にも降り出しました。
「後ろの方にも見えるように小雨ならできるだけ傘をたたんでください」。
というお約束で、濡れながらカメラを構えました。

DSC_0746_convert_20150302234434.jpg

10時過ぎ、本邸での鑑賞を終えられ、お出ましになりました。
美術館横に停めている車へ乗られるまでの通路にお二人がお通りになる間、
夢中で連写しました。
レンズも55-300ミリのズームレンズです。
(いつも出かける際に、重たいカメラ・レンズを携えていくのですが、この日は報われました)

DSC_0759_convert_20150302234501.jpg

佳子様は成人皇族になられ、初めて地方視察となるのが倉敷なんて、うれしい限り。
美しく清楚な振る舞い、初々しさがなんともいえません。
視線のほとんどが佳子様に向いていたような…、
秋篠宮様もにこやかな笑顔にちょっぴり苦笑いが混ざっていたように感じました。
こんなにかわいいお嬢様ならしかたないですよね。

DSC_0766_convert_20150302234528.jpg

お車に乗られ、この後、児島の塩田王・野崎家旧宅に向かわれました。
午後には岡山空港からお帰りになられたとのことでした。
思いもよらなかったシャッターチャンスに、興奮冷めやりませんでした。

DSC_0773_convert_20150302234547.jpg

スポンサーサイト
世羅高原農場ダリア祭り
DSC_0298_convert_20141014224900.jpg

DSC_0404_convert_20141014225930.jpg

DSC_0300_convert_20141014224932.jpg

DSC_0316_convert_20141014224951.jpg

DSC_0317_convert_20141014225009.jpg

DSC_0323_convert_20141014225026.jpg

DSC_0341_convert_20141014225708.jpg

DSC_0357_convert_20141014225729.jpg

DSC_0359_convert_20141014225751.jpg

DSC_0366_convert_20141014225830.jpg

DSC_0368_convert_20141014225851.jpg

DSC_0402_convert_20141014225911.jpg

DSC_0406_convert_20141014231942.jpg

DSC_0408_convert_20141014225949.jpg

DSC_0428_convert_20141014230022.jpg

DSC_0431_convert_20141014230042.jpg

DSC_0432_convert_20141014230101.jpg

DSC_0444_convert_20141014230141.jpg

DSC_0433_convert_20141014230121.jpg

DSC_0452_convert_20141014230202.jpg

DSC_0505_convert_20141014230223.jpg


宝塚歌劇
takaraduka_convert_20141001072104.jpg

9月20日、宝塚へ行ってきました!
私の初宝塚観劇となった花組「エリザベート -愛と死の輪舞(ロンド)」。
最高!!
トート:明日海りおさん、エリザベート:蘭乃はなさん
これまで上演されてきたエリザベートの8代目のコンビになるそうです。
1996年 雪組公演では、トート役に一路真輝さん
1998年 宙組公演では、トート役、姿月あさとさん、と私でも知っている方がされていたのですね。

明日海りおさん、素顔とトートのお化粧の差にびっくり。
素顔は天海祐希さん似。
すっきりした目鼻立ちの方が舞台化粧栄えするんですねぇ。
トートの妖艶な演技、歌唱力も抜群でした。
エリザベート役の蘭乃はなさんは、退団が決まっているそうです。
あと、ルイジ・ルキーニ役の望海風斗(のぞみ ふうと)さん、皇太后ゾフィー役の桜 一花(さくら いちか)さんの演技、歌唱力が、私の心にグッときました。

フィナーレと出場者全員によるパレード、
あの大階段を明日海さんが羽を背負って降りてくると、ほんとにかっこいい!
舞台に勢ぞろいした出演者のまばゆいほどの衣装。
宝塚は夢の世界へいざなってくれました。

Hirokoさんと一緒で、おしゃべりも弾み、楽しい1日でした。
残念なのは、宝塚での写真が1枚も撮れなかったこと…
重い一眼レフを持って行ったのにSDカードを入れ忘れてた!

同僚を倉敷へご案内
会社の労働組合の行事で同僚3名が札幌、東京から来岡しました。
2ヶ月ほど前に一人から「参加されませんか?会いたいです」と連絡をもらい、
「私も会いたいわ」。
スポーツ大会なので、腰痛からくる左足痛を考慮し、私は行事には不参加。
翌日、ゆっくりと観光案内役としてお会いする約束をしていました。

倉敷美観地区~鷲羽山のプランで決定。
ですが、ちょっとばかりサプライズ。
北区芳賀でマスカット・オブ・アレキサンドリアを生産している友人・市川さんのマスカットハウスへご案内。
市川さんには事前にお願いしていました。
お忙しい中、30分だけお時間をとっていただき、ハウスの案内をご夫婦でしてくださいました。
市川さんの気さくなお人柄、お話、そして棚いっぱいにぶら下がっているマスカットを見て彼女たちも大興奮。
糖度計で甘さを測るのをご主人が説明してくださいました。
注文していたマスカットを私からのお土産で3人にお渡しし、喜んでもらえたのもこの時期だからこそ。
マスカットハウス訪問は大成功でした。
市川さん、お世話になりありがとうございました。

DSC_0001_convert_20140923231105.jpg

DSC_0003_convert_20140923231133.jpg

次は倉敷美観地区です。
お昼ごはんを旅館くらしきでいただきたかったので、予約しておきました。
予約の場合、11時着席でお願いしますとお店の決まりがあります。
一度、お食事をしてみたいと思っていたので、みんなの賛成を得て念願がかないました。
秋の散歩道御膳¥1,850(+消費税)。
運ばれてきた二段の御膳がテーブルに並ぶとみんな「わ~っ、すごい」。
こういう少量多品種で、美味しそうな盛り付け、たまりませ~ん。

DSC_0013_convert_20140923231155.jpg

DSC_0018_convert_20140923231218.jpg

DSC_0025_convert_20140923231234.jpg

美味しくいただき、お店を出る12時頃には、お昼を待つ人で店内はいっぱいになっていました。
11時予約は正解でした。
倉敷川に面した玄関から入店し、退出はお庭の方へ出ました。

DSC_0026_convert_20140923231250.jpg

夏の名残り。
本町通りの軒先に朝顔が綺麗に咲いていました。

DSC_0032_convert_20140923231310.jpg

東京のSさんは、マスキングテープが大好き。
私も数個持っていますが、どんなのがあるのか興味深々。
如竹堂は、そんな愛好者にはたまらない品数豊富なお店です。

DSC_0033_convert_20140923231331.jpg

デザインの多さにびっくり!
巻きが少なく1個¥150くらいのもあるので、たくさん買えるし、お土産にもいいですよね。
お客目線で商品が作られてるって思いました。
私は迷った挙句、1個だけ購入。

DSC_0036_convert_20140923231348.jpg

ほうじ茶を焙煎中。
いい香りが漂っています。
店頭での作業風景や動きがあると活性化につながってますね。
本町通りは、閉まっていた町屋が新しい店舗にどんどん生まれ変わっていてびっくりしました。

DSC_0042_convert_20140923231406.jpg

何度訪れても大好きな空間「林源十郎商店」の一角。

DSC_0054_convert_20140923231424.jpg

大原家別宅の通称「緑御殿」
着付け体験イベントで着物を着た観光客が絵になりパチリ。

DSC_0062_convert_20140923231442.jpg

Sさんはこんなに買っちゃいました。
注)たくさん買うとおまけで貰える分も含んでマス。

DSC_0069_convert_20140923231502.jpg

アイビースクエアでは「龍の仕事展2014」のイベントがあり、企業や文化の紹介・商品の展示販売を楽しみました。
のんびり観光も4人でわいわいやっていると、時間があっと言う間に過ぎていきます。
4時頃、美観地区を後にし鷲羽山に向かいました。
島々に架かる瀬戸大橋は本当にきれい。

DSC_0077_convert_20140923231518.jpg

DSC_0080_convert_20140923231535.jpg

レストハウスで買い物をしたり、景色を眺めてその時を待ちます。
空高く流れる雲は5つの龍が舞っているようにも見られます。
刻一刻と夕日が赤みを帯び、集約された光が海にスポットライトをあてているよう。
岡山に住んでいながら、ここから夕日を見たのは初めてで、とても感動的しました。

DSC_0107_convert_20140923231558.jpg

DSC_0116_convert_20140923231616.jpg

瀬戸大橋が架かる下の田土浦公園からも茜色に染まる雲に感動し、
夕日鑑賞もバッチリ終えることができました。

夕食は知人が営む創作おうどんのお店「遊佳(ゆうか)」へ。
ちょうどドライブの帰り道にあるし、何より美味しい。
元ホテルでフレンチシェフをしていたご主人。
おうどんだけでなく予約でコース料理が堪能でき、しめは好きなおうどんが選べるというのもうれしいんです。
「岡山はおうどんも美味しいのよ」
「私、おうどん食べたいと思ってたのよ」と札幌の友。
\3,240でお願いしたコースのお料理。
美味しいものをちょこちょこと品数多く頂き、みんな大満足でした。

DSC_0125_convert_20140923231636.jpg

DSC_0126_convert_20140923231654.jpg

DSC_0127_convert_20140923231711.jpg

DSC_0129_convert_20140923231729.jpg

DSC_0132_convert_20140923231748.jpg

DSC_0133_convert_20140923231807.jpg

DSC_0135_convert_20140923231824.jpg

京都競馬場-想像以上にワクワク-
2013.11.23(土)大阪の姉宅に泊り、恒例の京都・紅葉観光。
姪と3人で京阪電車で京都へ向かう途中、急遽、淀駅で降り京都競馬場へ行ってみることにしました。
競馬や賭けごととは縁遠いのですが、「どんな所か行ってみたいね」と姉と意気投合。
入場料¥200

DSC_0265_convert_20131228220237.jpg

広い通路をまっすぐ進み、スタンドへ上がって見ることにしました。
巨大な建物、いったいどれだけの人が最大入れるのだろうかと思えるキャパシティにびっくり。
ぽかぽかの良いお天気。

DSC_0269_convert_20131228220306.jpg

スタンドの上部、日陰の場所へ座り、まずはレースを観賞。
障害・ダート・芝とコースもいろいろあるのですね。
1レース見て、私はビギナーズセミナーに参加しに行きました。

DSC_0273_convert_20131228220350.jpg

入場後、パドックのある方へ進む途中に「ビギナーズセミナー」という看板の出ている建物があったので、そこで申込をしていました。
予約時間になると12~3人が集まりました。
競馬テキストや競馬カタログ、当日のレーシングプログラムをもらい、まずは馬券の種類について教えてもらいます。
馬券って全部で9種類もあるんですねぇ。
 単勝…1着になる馬を当てる馬券
 複勝…3着までに入る馬を当てる馬券
 単+複(応援馬券)…1頭の馬の単勝と複勝が一緒になった馬券
 枠連…1着と2着になる馬の枠番号の組合せを当てる馬券
 馬連…1着と2着になる馬の馬番号の組合せを当てる馬券
 馬単…1着と2着になる馬の馬番号を着順通りに当てる馬券
 ワイド…3着までに入る2頭の組合せ(1-2着、1-3着、2-3着)を馬番号で当てる馬券
 3連複…1着、2着、3着となる馬の馬番号の組合せを当てる馬券
 3連単…1着、2着、3着となる馬の馬番号を着順通りに当てる馬券

そういえば、ワクレンとか、サンレンタンとか耳にしたことある、ある。
レクチャーを受けると、だんだん分かってきて、なんだかうれしい(賭けごとなんだけど)。

次に馬券を買う為に、マークシートの記入について説明を受けました。
講師の方のアドバイスで、本日の11レース、馬番号はこれとこれが良さそうと新聞予想で番号を決め、ワイドを買う設定でマークしました。
これを機械に通して買えば、馬券が発行されます。
ふむふむ。
私はワイドで3つ、¥800賭けました。
さて、結果はどうなるでしょうか。ワクワクします。

DSC_0270_convert_20131228220328.jpg

次のレースの馬たちが、パドックに登場していました。
ここで1頭1頭の落ち着き、やる気、毛ヅヤなどの状態を観察し、勝負の参考にするのです。
筋肉、毛の色、艶、美しい!

DSC_0290_convert_20131228220652.jpg

DSC_0282_convert_20131228220412.jpg

DSC_0285_convert_20131228220434.jpg

スタンドに戻り、姉たちと合流しました。
先程の馬たちがいよいよ走ります。

DSC_0302_convert_20131228220713.jpg

直線コースで3頭が接戦。

DSC_0308_convert_20131228220739.jpg

「あ~~~っ、きゃ~~~っ」姉が叫ぶ、叫ぶ!
3番のトウケイタイガーがぐんぐん追い上げる。
騎手の追い込みと馬の底力に、叫びたくなるのもわかります。

DSC_0309_convert_20131228220758.jpg

DSC_0310_convert_20131228220822.jpg

DSC_0312_convert_20131228220844.jpg

スタンドでは、小学校低学年の子供に予想させている父子連れや、あまりいいとはいえない状況を目にすることもありましたが、レジャー感覚で来ている家族連れも多くいました。
思いのほか楽しく、1日いてもいいような場所。
しかし、京都で紅葉もみるのでお昼を競馬場で食べて、移動することにしました。
何箇所もあるレストラン選びで迷い、係の人に相談したら、パドックが望めるレストランに案内してくれました。
また、機会があれば来てみたいな。
その時は、競馬新聞に赤ペンは必需品になってたりして。

ちなみに夜帰宅後、ネットで結果を調べたら、大ハズレ。
ビギナーズラックとはいきませんでした。

が、2014年 午年、私も駆けるぞ!
一足早く決意。

DSC_0313_convert_20131228220907.jpg