花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分を迎えて
DSC_0002_convert_20130203233859.jpg

休日と重なった節分の日の今日、旅行の最終準備と家の掃除に時間を使いました。
新聞やチラシをリサイクルしに天満屋ハピータウンの駐車場にあるリサイクルコーナーへ持って行ったついでに食品売り場で「恵方巻き」を買うことにしました。
巻きずしコーナーは、すごい人。
おまけにいろんな種類があって、悩んでしまいました。
結局、スーパーで作ったものではなく、吉祥という仕出し屋さんが納入した恵方招服福巻きを買いました。

夜、食べようとパッケージを開けると豆のおまけつき。
豆のいり方がたりないのか、噛むには硬すぎたので今度、ご飯を炊く時に入れようと思います。

毎年、2月4日の節変わりの日に1年のご祈念をして頂きに大元神社へ行くのですが、あすは休めず、昨日、行って来ました。
ご祈念を受け、今日は室内の空気を入れ替えて掃除をし、旅行準備もほぼ整い、スッキリした気分で恵方巻きを丸かじりできました。
この1年また、健やかに過ごせますように。


スポンサーサイト
快晴の元旦
新しい年のスタート!
真冬の冷え込みはさておき、瀬戸内の温暖な気候に恵まれた元日。
快晴の中、実家の庭の木々を眺め、気持ちも晴れやかです。

DSC_0263_convert_20130101205211.jpg

10時前に大元神社へ初詣に行き、世界の平和、家族や周りの人々の健康と幸せを祈りました。

 おみくじの運勢は「吉」
 運が良くなっていますから事をおこすのにはよいでしょう。
 しかし、何事も気をつけていったん決めたことはどこまでも進みなさい。
 成功します。
 
 教え
 本当にやる気になれば出来にくい事情は消えていく。

 天のみこえ
 照るにつけ くもるにつけておもふかな わが民草(人民)の うへはいかにと
 
「言」
 物を夜空に索(もと)むるには、火より良きはなし。
 道を当世に索(もと)むるには、典(儀式)より良きはなし。
               

巳年は「本気」「やる気」「進む力」がキーワードのようです。
よ~し!

DSC_0265_convert_20130101205242.jpg

実家に植えている「デコポン」、たくさんの実がオレンジ色に輝いていました。

迎春準備
DSC_0261_convert_20121231234628.jpg

あっと言う間に大みそか。
年内未作成のブログを何とか書き終えたい気持ちと裏腹にもうすぐ元旦。
迎春用のお花を取り急ぎアップしなければ。
若松、千両、ユリ、グリーンの1輪菊、そして珍しい細く長い茎がくねくねと曲がった小輪の葉ボタン。
くねくねを活かして、動きのあるものにしました。
左下に振り、ぐっと斜め上に向かって勢いあるもの、中間には巳年をイメージした茎を、上にはのびやかなものをそれぞれ入れました。

DSC_0262_convert_20121231234650.jpg

来年のカレンダーは、玉三郎さん。
11月に金丸座であった舞踏講演のチケットがとれず悔しがっていたところ、情報を提供して無事チケットがとれたカレンさんからお土産に頂きました。
わ~、ホント、きれい!
毎月眺められるなんて、うれしいわ。
良い1年でありますように。

姉妹の誕生日
DSC_0169_convert_20120306215742.jpg

今日3月6日は、姪のやよい、なつみ姉妹の誕生日。
2歳違いの姉妹、偶然にも同じ日に生を受けた。
小さかった2人が、今や大人の女性、仕事に頑張っている。

東京のやよいちゃんにおめでとうコールをしたが、仕事が忙しいのか留守電だった。
大阪の長姉のもとにいるなつみちゃんにもおめでとうの電話を入れた。

姉妹だけど、タイプが全く違うのが不思議。
でも、どちらもかわいくてかわいくて。

幸せな1年を過ごして欲しいと願う。


両親元気にお餅つき
DSC_0611_convert_20120130231318.jpg

年末、恒例行事のお餅つき。
蒸し上がったもち米を石臼に移していざ!
という時になって父がぐずぐず…やってこない。
シップを貼ったりしてて、すぐに取り掛かれない様子。

母、叫ぶ「もう!なにしょんで~~」→なにやっているの(岡山弁はきつい)

‘大人’になった私は、
「お父さんの用意ができるまで私がコネコネしてるから、すぐ来てね」
「やっぱり、お父さんの力じゃないと上手くつけないから」

おととし、張り切ってついたものの石臼の縁を叩き、お餅に木屑が入ってしまったという失敗談があったのだ。

お上手が言えるようになった成果で、
父は、よっしゃ、任せとけ。とばかりに機嫌良くやってきてお餅をつき始めた。

言葉ひとつで、家族円満。
美味しいお餅がつけました。
よいお正月が迎えられます。
ありがとう。