花遊ブログでティータイム
フラワーデザイン、お料理などの創作、出会い、旅行など、写真と文で綴ります。
プロフィール

花遊(はなゆう)

Author:花遊(はなゆう)
岡山市内在住。人と楽しく関わることが大好き。夢は、古民家再生の工房を作り、そこでお花やクッキングなどをして交流の場を作ること。会社員の傍ら、フラワーデザイナーの資格を持ち教えていましたがお休み中。写真好き。目下、海外旅行と写真撮影にはまっています。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅友からの贈り物
お盆休み中の朝8時半、ピンポーン!「宅急便です」。
何か頼んでたっけ?何かに当選したとか?
受け取ると、旅友からでした。
送り状には、夏ワインと記されています。
うれしくて早速、包みを解くとこの品々!
三次のワイン、スイスのお土産(タオル・ハーブキャンディ)、それに丁寧なお手紙が添えられていました。
感激、感激!

DSC_0276_convert_20140816142013.jpg

旅友とは、昨年2月のフィンランドオーロラ旅行で知り合った広島に住む方々。
私のオーロラ写真がご縁で、今年5月GWに世羅高原で帰国後3回目の再会をしました。
私が2月にネパール旅行に行くことを年賀状に書いたら、私の2ヶ月後に広島空港からのチャーター便で行かれることが判り、偶然にびっくり。
じゃあ、お互いのネパール旅行の話、写真を見ながら楽しい時間を過ごしましょうということで、世羅高原でお会いすることになった訳です。

ポピーやチューリップが咲き誇る丘陵地を訪ねた後、長~いランチタイムに突入。
メインのエベレスト遊覧飛行、私のツアーは天候不良でできませんでしたが、ばっちりエベレストを見ることができたとのこと、そして、ネパールの現地ガイドさんが同じ人で、これまたびっくり。
話が尽きません。あ~楽しっ。
私の写したヒマラヤハイキングや星の写真を気に入ってくださり、「写真いただきたいんですけど…」っていうことでCDに焼いてお送りしたそのお返しにとこの品々を贈ってくださったのでした。

3人の内、お二人は姉妹。
5月にお会いした後、「思い切ってスイスに姉妹で行くことにしました」とメール。
いいなあ~~~スイス。
私は仕事の都合で、夏のスイスはまだ当分行けそうにありません…が、いつか必ず!
「添乗員さんお勧めのハーブキャンディです」のメッセージ、早速いただいてみると、なるほど!!
いけます。
ひまわりのような明るく素敵な先輩方、ありがとうございます。

DSC_0170_convert_20140816141925.jpg

現地の新聞でキャンディやタオルを包んでくださっていました。
私も旅のお土産を差し上げるのに、こうして現地新聞をよく利用します。
読めないけど、雰囲気が伝わるでしょ。
天気予報が載っていました。
7月27日 シャモニーは最高気温20℃、最低気温9℃
曇り時々晴れ、雷のマークもついています。
草花が咲き乱れる草原にアルプスの山々、抜けるような青い空。
素敵なプレゼントにたくさんの風景が浮かびます。

DSC_0285_convert_20140816142032.jpg

スポンサーサイト
献血30回達成
DSC_0427_convert_20130128203637.jpg

1月27日、出かけたついでに市内表町にある「献血ルームももたろう」を訪ねました。
商店街の従来の場所から、岡山シンフォニービルの広いテナントへ移ってから、初めての訪問です。
待ち合いも採血ルームも広くゆったりとしたスペースで、良い雰囲気です。
係の人が「今日も400ml、よろしくお願いします」。
その後に「今日で30回ですので、記念品がありますよ」。

もう30回目!
記念品はガラスのおちょこでした。
20回の時にはブルーのおちょこだったので、シリーズが1個増えました!

ここまでの回数をしてきた中、一時期、婦人科疾患が影響した貧血で比重が軽く、会社に来た献血車から何度も出戻りした苦い思い出もあります。
しかし、その後、再び良い血液状態に戻り、「男性並みの立派な濃い血液です」とお墨付きを過去にもらったこともありました。笑えるでしょ。
400ml献血は、1年に2回できるので、健康に感謝し今後も続けていきます。

「ももたろうEメールクラブ」にも登録しました。
血液が不足した場合、協力を呼び掛けるメールが届きます。
Happy Birthday!
0120320_convert_20120320224518.jpg

今日はHirokoさんのお誕生日。
ケーキでサプライズを計画。

新しいレシピ、焼き方でスポンジケーキを焼いた。
失敗したら、お店に走ることになっていたけど…、上手く焼けてホッ。
ハウスもののいちごは、今が旬まっさかり。
フルーツをたくさんのせて、豪華なケーキのできあがり!

午後、電話を入れた際、Hirokoさんの明るい声を聞いたら
サプライズにガマンしきれなくなって「お誕生日、おめでとう!」。
でも、ケーキは内緒。

ドアを開けて大きな箱を抱えた私を見て「えっ!?なに?なに?」
Hirokoさんの笑顔に私もうれしくなりました。

もうひとつうれしかったのは、先に来訪中のChiyoちゃんと会えたこと。
Kunikoさんも呼んで、Hirokoさんが美味しいコーヒーを入れて下さり、ケーキカットをして…後はワイワイとおしゃべりタイム。

Hirokoさんは、本当に素敵な女性の先輩であり、大切なお友達。
一緒にお祝いできて、4人で幸せ満開な時間を過ごせて、3月20日バンザ~イ。

甕からザクザク
岡山市サウスビレッジの絵画展で生けたお花は、松森会長の会社に飾って頂いていました。
器は実家にあった甕(かめ)で、大きな作品を生ける時に重宝します。
お花が枯れた頃、器を引き取りに伺いますとお伝えしていたら、
松森社長と社員の浦川さんが、わざわざ私の職場まで持って来て下さいました。

「楽しませていただきました」と会社で撮った写真をA4サイズにし、
ラミネート加工までして手渡して下さいました。
感激!
お花に携わると生けている自分も楽しいし、たくさんの人が喜んで下さるのが何よりもうれしい。
会社を訪れたことのある友人は、とてもセンスのよい会社と言っていた通り、
写真で見る限りでも室内装飾が会社っぽくなくていい感じ。
興味、惹かれます。

そんな一角に飾って頂けて、本当によかった。

IMG_0001_convert_20120124075416.jpg

さて、その甕はというと、真っ赤な包装紙に包まれ、リボンまでかけてもらって。
そこまで丁寧にして頂かなくても…と恐縮していたら、
松森社長が「中にクッキーが入っていますので」と。

帰って開けてみてびっくり!
まさか小判はでてくるはずはなく、甕から黄金色に焼けたクッキーや焼き菓子などがザックザク。
箱に入ったクッキーがでてくるものとばかり思ってたので、この大胆な発想にノックアウト。

DSC_0584_convert_20120124231607.jpg

後で女性社員の方から伺った所、「社長(松森氏)のアイデアなんです」。

絵画展を大成功に導いたお力、今回のお心遣いと感激しっぱなしです。
ありがとうございます。
何か次に企画が持ち上がった時には、お力添えできればな、と密かに応援体制でいます。

バースデーケーキ
今日は衣替え。
岡山市は、今年から6月1日を市民の日に制定した。
そして、私の誕生日。
大きな声では言えないが、大台にのった。
どの大台かは、触れないとして、数字に実感がわかない。

いつもと変わらない日々の1日。
しかし、いくつかの心温まるメールを頂き、誕生日のうれしさを味わう。
パソコンを開くとマレーシアのTomokoさんからYahooグリーティングカード。
Tomokoさんのお心遣いには、ホント、いつも感激しっぱなし。
ありがとうございます。
震災に遭われたクライストチャーチから、5月にマレーシアにご主人の転勤に合わせ転居された様子。

新潟の渡辺さんからも携帯へメール。
ご家族でテレビ取材を受けた動画付きで、お子さんたちも大きく成長されていてびっくり。

1度しかお会いしたことがないのに、いつもふと思い出すTさんからも、思いがけずおめでとうのメール。

なんだか、とっても嬉しい誕生日。
みなさん、本当にありがとうございます。

極めつけは、アウトドアの師匠・職場のKさんからチーズケーキを頂いた。
帰社途中で買ってきてくれ、誕生日じゃろ、とホイと渡された。

「ありがとう。だけど…、これは、また“なにか”を期待してのプレゼントでしょ?」
「へへっ。わかるか?」

食通の師匠をうならせる逸品探しの課題をもらったようなものだ。

DSC_1492_convert_20110603222944.jpg

ホールをカットし、実家と友人にお福分け。
誕生日の本人が、頂いたケーキを家族に届ける、という1日の締めとなった。

命をはぐくんでくれた両親、家族に感謝。
支えてくれている友達に感謝。
年齢を重ねて、日々、しっかり生きて行こうと思いを新たにしています。
ありがとう。